DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

歌うよ

ぼくが6月4日に参加した高松国分寺ホールカラオケ大会。この大会の「入賞者部門」で特別審査員を務められた歌手の中村つよしさんと、幸運にもお話させて頂くことができました。 ぼくは昨年もこの大会に参加していて、中村さんも昨年も同様に特別審査員を務め…

雪の華

ぼくはカラオケ大会が終わった後は、自分の歌を振り返ったり、他の参加者の歌を振り返ったり、主催者や参加者の皆さんと話したことを振り返ったりするなかで、どこを直したらもっと良くなるのかなとか色々考えてみます。 先日の高松国分寺ホールカラオケ大会…

初優勝と悔しさと

6月4日、ぼくは高松国分寺ホールで開催された令和4年度高松国分寺ホールカラオケ大会に行って、歌ってきました。この大会は、主催者のPräparatさんの作品である「讃岐国分寺」を歌う「讃岐国分寺部門」、DAMのAiで採点を競う「採点部門」、カラオケ大会での…

誰に愛されても

ぼくはカラオケで歌う曲の中で、若手や中堅の演歌歌手の方の曲を歌うことが多いです。中堅だと松原健之さん、竹島宏さん、山内惠介さん。中堅と若手の中間ぐらいだと松阪ゆうきさん、川上大輔さん(4月から「奏大翔(かなた たいが)」さんに改名されました…

サザンカ

最近、ぼくが聴く音楽の中で、SEKAI NO OWARIの曲が急上昇しています。きっかけは、「眠り姫」という曲を聴いてからなんですけど、それから久々に「プレゼント」や「RPG」も聴いて、彼らの魅力の深さに気づき始めて、もっと他の曲も聴いてみたい!と思いまし…

初主催の会

ぼくが時々遊びに行っている「唄い処スナック藤」さん。アットホームな雰囲気がぼくも気に入っていて、本当はちょくちょく行きたいのですが、夜の営業は金曜、土曜と貸切予約の日のみとなっていて、なかなか行かれる機会がありません。そんなぼくにチャンス…

眠り姫

5月3日・4日・5日の3連休。ぼくは毎日カラオケに行って歌ってました。最初の2日間は、急に参加することになったオンラインカラオケ大会に提出する曲の練習と動画の収録でした。残りの1日は、歌いたい曲を好きに歌うために楽しみました。「今日はこの曲を歌っ…

CITRUS

ぼくはカラオケに行くと最近はフリータイムとドリンクバーにすることが多いです。フリータイムだと19時まで歌えますけど、カラオケ大会に提出する曲を練習してじっくり収録しようとか、DAM★ともは使わずに、他の音源の曲を収録しようとか、マイペースで進め…

愛しさの降る街で

ぼくが3月27日に参加した「唄い処 スナック藤」のオフ会で初めてお会いしたのが、ボーカリストの紺野豊さんでした。 紺野さんは自分のツイートにスナック藤がよく「いいね」を付けてくれるので気になって、知り合いの方と一緒に昨年の5月に初めてスナック藤…

初オフ会

3月27日、ぼくはカラオケのオフ会に初めて行ってきました。ぼくがよく行っている「唄い処 スナック藤」さんが、「LIVE CAFE BENTEN」さんの場所をお借りして開催されました。限定20名の中にぼくも入れて頂きました。直前キャンセルされた方もあって、当日の…

Real Face

3月の年度末と4月の年度始めは、色々な事が忙しくなる時期です。仕事も年度末までに終わらせないといけない案件が多いですし、加えてこの時期は大抵、まさかな事態が続発することも多いです。ギリギリのところで回していかないとやりこなせないから、仕事し…

今週はソメイヨシノの花も満開となってきて、桜の季節がいま到来しています。ぼくは行き帰りの通り道にある桜の木が、自分の中の桜の花見という感じです。1年間ずっとその木の変遷を見てきてるので、この時期がくると「今年も咲いてくれてありがとう」って心…

名づけ合う旅路

ぼくが最近よく聴いているアーティストさんのシキドロップさん。2017年12月に結成されたボーカルの宇野悠人さんとピアノの平牧仁さんの2人からなるユニットです。 ぼくが彼らのことを知ったのはたぶん2019年頃で、Twitterのフォロワーさんが「好きな声の歌い…

寒緋桜

この週末は東京も20℃の暖かさで、一気に春めいて、早咲きの桜の花が咲いてました。 この桜は寒緋桜(カンヒザクラ)といって、元々は中国南部や台湾を原産とする木で、沖縄では1月〜2月に開花します。江戸時代には本州に伝わり、暖地の庭園、公園、街路に植…

花に約束

ぼくが音楽を聴く時間は、仕事の行き帰りとか、休日の散歩とか、外にいる時が多いです。大体はYouTubeの動画を、動画を見ないで、音楽だけを聴いています。歩きながら聴いてることも多いので、ランダムに流れてくる曲を聴いて、いい曲だなと思ったら、立ち止…

自分を出せる1曲

ぼくはDAM★ともでも色々なジャンルの曲を歌っています。カラオケのフリータイムで4時間ぐらい時間があったりすると、カラオケ大会で歌う曲を練習することをベースにはするんですけど、同じ曲ばかり歌うのって飽きてくるんです。そうなると、他の曲も歌ってみ…

音ノ市カラオケコンサート

2月20日、ぼくは神奈川県の海老名市文化会館大ホールで開催された、第3回音ノ市カラオケコンサートというカラオケ大会に行って、歌ってきました。 この大会を知ったのは1月12日、Twitterのフォロワーさんが、「「音ノ市」という神奈川のカラオケ大会で最上位…

自分軸で歌うこと

ぼくが初めてカラオケ大会に出たとき、審査員の先生が言われたコメントの中に「自分軸で考えなさい」という言葉がありました。この「自分軸」という言葉が、一見わかるようで、具体的にはどういう意味なのか、ぼくはよくわかりませんでした。 歌っているのは…

バベル東京

1月はオンラインカラオケ動画の大会に4曲も参加して、ちょっと疲れましたので、2月に入ってからは歌を休んで、音楽を聴いています。 参加した大会の寸評が次々とぼくの所に届きましたが、音程とかリズムとか発声はいいんだけど、「無難に聴こえてしまう」と…

動画を録ること

ぼくの1月は、当初の予定とは大きく変わって、カラオケ大会に出るための動画を5本録ることになりました。 年明けに予定していた旅行が、コロナの感染が急に増えたことからキャンセルすることになりました。時間が空いたので、当初申し込むつもりのなかった1…

SNOW!SNOW!SNOW!

ぼくがDAM★ともで歌っているジャニーズの曲の中で、一番多いのはKinKi Kidsの曲です。でも歌ったことがないKinKi Kidsの曲も山程あります。KinKiの曲のイメージの中で、ぼくはその1つに「冬ソング」のイメージがあります。それは「愛のかたまり」とか、「Har…

べサメムーチョ

ぼくは自分の声の音高の範囲が、一般的な男性よりも低いと思います。地声で出るのはG4(高いソの音)までで、それより上は裏声を使うしかありません。裏声も頑張って出せるのがD5(高いレの音)までです。ヒトカラで歌ってるときは裏声でも平気で歌ってます…

白日

「一年の計は元旦にあり」という諺(ことわざ)がありますが、ぼくも2022年のカラオケ計画を考えました。コロナの状況下ですので常に流動的ではありますけど、現地の会場で開催されるリアル大会については、出てみたいと思う大会が2つありまして、1つは申込…

君は天然色

皆さま 2022年もよろしくお願いいたします。 2021年の大晦日、ぼくはテレビ東京系の「第54回 年忘れにっぽんの歌」を見て楽しく過ごせました。毎年書いていることなんですが、この10年くらいのNHK紅白歌合戦の番組作りというか、歌に対する敬意をぼくは感じ…

晴れた日に、空を見上げて

冬は寒い日が続きますけど、風が抜けた後の冬晴れの空を見るとスッキリしたりします。先日もそんな冬晴れの日に軽く旅してたときに、訪れる先々の場所から雄大にそびえ立つ富士山を見ることができて、とっても得した気分になりました。 さて、ぼくも今年のカ…

夕立ちのあとで

ぼくがDAM★ともでお気に入りのアーティストにしている野口五郎さん。ぼくが初めて覚えた五郎さんの曲は「19:00の街」でしたが、それは「大人っぽくてかっこいい曲だから歌ってみたい」と思って歌ったものでした。DAM★ともでカラオケを楽しむようになってから…

朝陽の中で微笑んで

カラオケの曲を覚えるとき、最近はYouTubeの動画を見て、繰り返し聴いていくことが多いです。それで、1人のアーティストのある1曲を覚えようとしているときに、そのアーティストさんの違う曲も次々と再生されるので、その中で「この曲いい曲だな」と思う曲に…

スカイレストラン

冬晴れの日で、風が適度に吹いていると、遠くの景色までよく見えたりします。富士山も今ぐらいの時期は東海道新幹線の車窓から、東京を出発して早い時だと品川を出てまもなく見えたことがありました。昨日は上越新幹線の車窓から、遠くの山脈がよく見えるな…

土曜の夜は羽田に来るの

ぼくが参加しようと思っているオンラインカラオケ大会の主催者から出されたテーマの1つが、「おしゃれでかっこいい曲」でした。主催者の方がシティ・ポップを例に出されたこともあって、ぼくもおしゃれでかっこいい曲やアーティストを次々と思い浮かべていき…

真夜中のドア

カラオケ大会の選曲は出場者が歌いたい曲を決める場合が多いですが、中には主催者が課題曲や課題テーマを決めて、出場者を募集する場合もあります。 一昨日募集の告知があったオンラインのカラオケ大会は課題テーマが2つ設定されて、その1つが「おしゃれでか…