DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

輪廻-ロンド-

ぼくが参加しているカラオケの歌会では、1人で歌うのを何巡かした後、2人でコラボして歌うという流れになります。ぼく自身、急に歌ってと言われて歌えるほどのレパートリーを持っていませんので、日頃もコラボできそうな曲を探しています。その中で見つけた1曲が、ON/OFFの「輪廻-ロンド-」という曲でした。

ON/OFFは、双子の兄弟である坂本和弥さんと坂本直弥さんによる音楽デュオで2001年に結成されました。2007年10月〜12月にTOKYO MXなどで放送されたドラマ「風魔の小次郎」に出演し、2007年11月21日に同ドラマのエンディング・ソング「永遠の刹那」をシングルとして発売し、メジャーデビューしました。2015年1月3日のラストライブで解散後、兄の和弥さんは一般企業に就職し、弟の直弥さんは音楽活動を続けていますが、2人は「坂本ブラザーズ」としてYouTubeの配信をされているようです。

「輪廻-ロンド-」は彼らの3枚目のシングルとして、2008年12月15日に発売されました。作詞は間みおこさん、作曲は中野雄太さん、編曲はh-wonderさんです。間さんは2009年に「しまなみの郷」という作品を発表された方のようですが、詳しい情報が見つけられませんでした。中野さんは、EXILEの「We Will〜あの場所で〜」の作曲を始め、EXILE浜崎あゆみさんの多くの作品の編曲を提供されています。h-wonderさんは、和田弘樹として歌手活動をされた後音楽プロデューサーになり、ぼくが知っている曲ではV6の「way of life」の編曲をされました。

ON/OFFの名前は、TBSで放送されている「COUNT DOWN TV」を見ていると時折目にした記憶がありましたが、彼らの歌を聴いたことは今までなくて、今回初めて聴いて何曲か聴いて見ました。彼らが兄弟デュオというのもありましたけど、中低音な声質の歌声を聴いて、KinKi Kidsに通ずる哀愁感を持っていると思いました。坂本ブラザーズとしてもKinKi Kidsの「愛のかたまり」を歌っていますし、そういう意識はあるんだろうと思いました。

「輪廻-ロンド-」を聴いて面白いと思ったのはイントロのサビが3連符でメロディーが続いた後、4拍子に切り替わる時のドラムのアレンジがかっこいいと感じました。AメロからBメロへの展開も王道な感じで、疾走感も儚さも感じられていいなと思いました。

とりあえず1人でDAM★ともで歌ってみましたが、1人で歌ってもかっこいいし、2人でハモリのコラボを入れても厚みが増していいなと思いました。

誰か一緒に歌ってくれる人いるのか不安ですが、誰かに課題曲として練習してもらおうかなと思います。


www.youtube.com

こちらは坂本ブラザーズの「愛のかたまり」です。


www.youtube.com

僕こそ音楽 Ich Bin Ich Bin Musik

昨年の11月にミュージカルの歌手の先生の体験レッスンを受けたことをきっかけに、ミュージカルの曲も歌ってみたいと思いました。DAM★ともで探してみて見つけた曲が、「モーツァルト!」(Mozart!)というミュージカルの「僕こそ音楽 Ich Bin Ich Bin Musik」という曲でした。

モーツァルト!」は文字どおり、現在のオーストリア(当時は神聖ローマ帝国)の作曲家であるヴォルフガング・アマデウスモーツァルト(Worfgang Amadeus Mozart)の生涯を描いた、オーストリアのウィーン発のミュージカルです。脚本と作詞をドイツ人のミヒャエル・クンツェ(Michael Kunze)さんが、作曲をハンガリー人のシルヴェスター・リーヴァイ(Sylvester Levay)さんが制作して、1999年にアン・デア・ウィーン劇場(Theater an der  Wien)で初演されました。

日本では2002年10月5日に日生劇場で初演されました。「僕こそ音楽」は劇中でヴォルフガング役が歌う曲で、初演時のヴォルフガング役は井上芳雄さんと中川晃教さんが演じられました。最新の公演ではヴォルフガング役は山崎育三郎さんと古川雄大さんが演じられています。

DAM★ともでは山崎育三郎さんの曲ということになっていますが、ミュージカルの歌い方が独特なものを感じたので、中川さん、井上さん、山崎さんの動画を何回も見たんですが、言葉と音程が上手く合わなくて苦労しました。


www.youtube.com

中川さんのヴォルフガングは役が乗り移っているんじゃないかと思わせるほど素晴らしいと感じました。初心者がここから入っちゃいけないと思いました(笑)


www.youtube.com

井上さんのヴォルフガングは、ぼくにはとっつきやすく感じました。声楽家らしい正調なので、音程とか、歌い方とか、こうやるんだというきっかけが掴めました。


www.youtube.com

山崎さんのヴォルフガングも、井上さんより演劇要素が強めですけど、ベースはわかりやすかったです。でも、山崎さんを真似して歌っても、DAM★ともの採点の点数はなかなか上がらず、何でだろうと考え込みました(笑)


www.youtube.com

点数が伸びるきっかけになったのが、この動画でした。山崎さんが1番、井上さんが2番を歌っていますけど、こういうお披露目の場で歌うにあたって、歌のエッセンスとして守ろうとしているものとか、歌い方の主張のさせ方とか、学べるものがありました。

ぼくが苦手なところは、1番の「何かに動かされて」と、2番の「それが僕なんだ」で16分音符の流れに言葉が乗り切れないところです。上手くいくときも有れば、外れるときもあって、瞬時のズレが違和感を生んでしまうので気が抜けない曲だと思います。

こういう曲をホールでうまく歌えたらかっこいいだろうなあって思います。

捕まえて、今夜。

アウフヘーベンと申します。2023年も今までと同じく、カラオケで歌った曲など、歌について気楽に書いていきたいと思います。

2022年の大晦日は、テレビ東京系の「年忘れにっぽんの歌」を見ながら過ごしました。今の紅白よりも、往年の「NHK紅白歌合戦」が持っていた大晦日らしさを感じることができると、ぼくは思っています。

2023年のお正月も、何となく音楽番組を選んで見ていました。1月1日の夜はNHKEテレで「ウィーン・フィルニューイヤーコンサート」を見て、美しき青きドナウやラデツキー行進曲を聴き終えると、今年も始まった!という気分になりました。

そして、2023年の初カラオケは、1月3日にビッグエコーに行ってきました。参加する予定のカラオケ大会で歌う曲の音源を主催者に提出することになっていて、年始料金は高いんですけど、練習してきました。

3時間、同じ曲ばかり歌うと飽きますので、気分転換になりそうな新曲を見つけてきて、練習曲の合間に歌います。そんな新曲の1曲が、新浜レオンさんの「捕まえて、今夜。」という曲です。

この作品はレオンさんの5枚目のシングルとして、2022年9月28日に発売されました。作詞はEARSYさん、作曲は馬飼野康二さんと鎌田俊哉さん、編曲は船山基紀さんです。作詞のEARSY(アーシー)さんは女性の方で、SexyZoneや元AAAの伊藤千晃さんに作品を提供されています。ご自身の音楽活動もされていて、コロナの中も何かできる活動はないかと考え、2020年12月から10ヶ月連続でシングルをリリースし、同時にMVも公開するというプロジェクトを達成したそうです。新曲の「シークレットラブ」を聴いていいなと思ったので、貼り付けております。


www.youtube.com

さて、「捕まえて、今夜。」は、テレビアニメ「名探偵コナン 犯人の犯沢さん」のオープニング主題歌に起用されたとのことで、レオンさんがこの曲を振付しながら歌っているのを見た、演歌歌手の新浜レオンを知らない名探偵コナンのファンの方たちから、YouTubeの動画のコメントを読んでいても、高評価な感想が多いなあと思いました。レオンさんは演歌第七世代の1人ではありますけど、標榜しているのは昭和の男性アイドル御三家のうち、西城秀樹さんや野口五郎さんだと思いますし、楽曲的には歌謡曲テイストをベースにしていると思います。そういう懐かしさを感じながらも、今のアニメと融合していくことで、今の歌を作りにいって、自分を知ってもらうことって、いい試みだなと思いました。そして、この曲自体が歌ってみて面白いし、みんなで歌っても盛り上がりそうな曲だなと思いました。

振付も楽しそうだし、いっそ歌も振付も覚えて、カラオケ大会にこの曲で参加してみようかなと頭をよぎったのは新年のご愛嬌ということで(笑)


www.youtube.com


www.youtube.com

2022年を振り返る

ぼくはTwitterでもアウフヘーベンという名前で、歌についてのツイートをしています。ツイートですから、自分の心に思っていることを全世界に発信しているわけです。何でツイートするのかというと、その瞬間の自分が、何を思っていたのかを、記録しておきたいからです。いいねの数が多かったり、リプライしてくれる方がいることは嬉しいですけど、そういうことには最初から期待はしていません。

2022年、ぼくは何をつぶやいていたのかなと、1年分のツイートを読み返してみました。自分の歌とか歌うことについての思いを、よくもたくさん呟いてるなあ。今までと違うのは、自分の歌声を入れた音声ファイルを添付するようになったこと。完成したレベルではなくて、一応歌えるようになったあたりの音源が多かったです。歌ツイートしている割には自分の音源をアップしていなかったなと思って、もう少し日頃の歌声を知って欲しいという思いが生まれたのかもしれません。

カラオケ大会は、リアルの大会で初めて優勝することができました。高松国分寺ホールカラオケ大会の「讃岐国分寺」部門で、「讃岐国分寺」を歌っての優勝でした。呼ばれた瞬間は実感が湧きませんでしたが、地元の新聞記者の方の取材を受けたり、帰路の寝台車の中でトロフィーを見ながら、「やっと優勝できたんだ」という嬉しさがこみ上げてきました。リアルの大会は他にも、3位が1回、4位が2回、入賞することができ、2021年よりも成長できたと思いました。オンラインの大会も、2位が1回、3位が1回、入賞が5回、頂くことができました。入賞できない大会も多数ありましたので、課題になりました。

歌うための曲との素敵な出会いも恵まれました。林部智史さんの「晴れた日に、空を見上げて」とシキドロップさんの「名づけ合う旅路」。試しにDAM★ともで歌っていくうちに、もっと上手に歌えるようになりたいと思ったものの、カラオケ大会で歌う曲に成長するとは思っていませんでした。むしろ、どこか自分の中で敬遠していた曲の中に、自分を輝かせてくれる可能性があったことに驚きました。中途半端なイメージだけで自分の可能性を狭めてはいけないと実感しました。

自分らしさを表現する方法を考えていったら、オリジナル曲を作ってみようと考えていました。そんなときにラジオ番組で応募していた、作詞に曲を付ける企画が目に止まり、ぼくは「祈り」という歌詞にメロディーをつけてみましたが、楽器で演奏する術がなくて、メロディーをアカペラで歌って応募しました。入賞はしませんでしたが、ラジオ番組でぼくのアカペラをオンエアして頂きました。ラジオから流れる自分の歌声は、送ったCDの音源そのままで、特に増幅されたりはしませんでしたが、「あなたの歌唱力はスタッフ全員が素晴らしいと評価した」と言って頂けたことが、自分への自信につながりました。

独学で歌っているだけの自分を、別の目で見て欲しいと思って、ボイトレの先生の体験レッスンを初めて受けてみました。正直、レッスンの受け方とか勝手がわからないこともあり、先生からは良い印象はなかったようですけど、ぼく自身は自分の苦手なこととか、できていないことがはっきりわかったのは収穫になりました。何年かかるかわかりませんけど、苦手を1つでも克服して、いろいろな楽曲をいろいろな歌い方で歌えるようになりたいと思います。

2023年も今よりステップアップできる1年にしたいと思います。カラオケ大会も1つ上のステージを目指したいですし、オリジナルの楽曲も何曲も作って、どこかの場所で発表できたらいいなと思います。

このブログで、ぼくがマイペースに歌った曲のことや聴いた曲のことをつらつら書いていくスタイルは変わらずに。いつも読んでくださってありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

月とタナトス

2022年のクリスマスは、いま参加しているオンラインカラオケ大会の他の参加者の方の歌唱を聴きながら、穏やかな夜を過ごしています。クリスマスの狂騒の波に乗っかった年もあれば、仕事に奔走していた年もあったので、中ぐらいが程よい感じです。

2022年も歌やカラオケと共に邁進し、充実した1年を過ごすことができました。ぼく自身はカラオケ界隈の人で、それほど有名でもなくて、すごく上手いとも思ってなくて、自分が出たいと思ったカラオケ大会にぼちぼち参加しています。

そんな自分の意識が変わったのは、カラオケ大会に参加して歌い終わった後に、知らない方に声をかけられて、お褒めの言葉を頂くことがあってからでした。ぼくは参加者の1人に過ぎなくて、知り合いでもないのに客席でしっかりとぼくの歌に耳を傾けてくれる方がいるなんて、考えたこともなかったです。それとぼくはTwitterをやってるんですけど、顔出しはしていません。それでもたまにオンラインカラオケ大会で顔出ししているからなのか、「Twitter見てます」と知らない方に声をかけられるようになりました。

自分は人に見られてるんだなってことを意識するようになりました。だから、ステージで歌う時も、恥ずかしいとか緊張するとか思ってた自分の気持ちよりも、どういう風に見られた方がいいのかなとか考えるようになりました。

参加者の皆さんは歌が上手いので、そこだけでは聴いている方に関心を持ってもらえなくて、自分ならではの歌とか存在感とか、持ち味を際立たせることも大切だと思うようになりました。

そういうことを考えていた中で今年は、カラオケ界隈ではない世界で歌を歌っている人たちに出会うことができました。その1人がホソヤさんというアーティストさんです。

紺野豊さん主催の配信ライブで、ホソヤさんはMCをされていたのですが、ムーミンに出てくるスナフキンのようなコスプレと、独特の丁寧な言い回しに興味を持ちました。そして、その時に歌われた自身のオリジナル曲「月とタナトス」を聴いて、その歌い方とか発する言葉や奏でる3拍子のメロディーに強い存在感を覚えました。

タナトス(thanatos)って、ギリシア神話に登場する死そのものを神格化した神のことだそうです。歌詞カードがないので、聴き取った言葉を書き写してみました。

「夢や笑顔だけじゃ 眩しすぎるの 仄暗く揺れてる 月明かりがいい 訳もなく流れる 涙を映す あどけのない時に 帰れない 一人きり 震えてる 何も見えない 落ちていく暗闇に 身を任せ 喜びも 悲しみも 痛みも あなたも 胸の中 絡みつき 離さない」

先日、ホソヤさんが「gallery」というアルバムを出されて、配信ライブをされた時に「月とタナトス」のMVも発表されましたが、ホソヤさんというキャラクターが表現されていました。

歌の上手い人なんて、この世の中にいくらでもいます。でも、歌の上手い自分は、この世にただ一人。ぼくは、大勢の中でどういう存在を放てばいいのかなって考えた時に、自分が持っている声とか歌い方とか動きとか、もっと見つめていこうと思いました。見ている人は、どんな自分に振り向いてくれるのだろうか。そして、ぼくの魅力はどこにあるのだろうか。探しているその2つが重なり合うところを見つけていこうと思います。


www.youtube.com

 

君とスキップ

聴いている曲のテンポが良かったりすると、そのテンポに合わせて歩調も軽やかに感じてしまうことがあります。最近聴いているそんな1曲が、今崎拓也さんの「君とスキップ」という曲です。

今崎さんはシンガーソングライターの方で、カラオケ配信アプリのKARASTAでは3,482人のフォロワーを持ち、賞金100万円のコンテストも2回優勝され、知名度も上昇している方です。ぼくは以前にとあるカラオケ大会で今崎さんの生歌唱を聴かせて頂き、パワフルな歌唱力と繊細な表現力が素晴らしいと感じました。Twitterでも弾き語り動画を出されていますが、SMAPの曲を歌ってくださることが割とあって、SMAPの曲が好きなぼくはなんとなく親近感を覚えています。

2022年8月30日にデジタル配信リリースされたオリジナルアルバム「Walking in the Pop World」に収録された「君とステップ」と「kakete」の2曲が、2022年12月からDAMで配信されることになりました。「君とステップ」はシングルリリースされた曲で、以前MVを見た時も心がウキウキする感じがあったので、カラオケに行ったときに絶対に歌おうと思っていて、今日DAM★ともで初めて歌ってきました。

この作品を作るときに作詞は、KARASTAユーザーの人たちと一緒に決めていったということで、カラオケの画面のテロップには「作詞 KARASTAユーザーのみなさま」。第一興商さんも寛容ですね(笑)。作曲は今崎さんです。今崎さんが「日常を取り戻したいという思い」でこの作品を作られたとのことで、それは選ばれた歌詞の言葉の中にも感じることができました。いつものお店で久しぶりに行列ができているのを見て少し嬉しくなったという一節は、今の時代を映した言葉と感じました。当たり前に見えていた日常が、急に見えなくなってしまった日々が続いたけど、また日常を取り戻すために進んでいこうという気持ちを、歌で作っていこうという姿勢に共感しました。みんなで歌詞を作っていったという試みもその1つなのだと思いました。「間違っても 闇覆っても この日常が来ることで Change It!  変わり続けていける」という1コーラスの最後の歌詞がぼくは歌っていて気持ちが入りました。

それで、「君とスキップ」を8回ぐらい歌ってみて、原曲キーは余りに厳しくて、かといって低くしすぎても作品のイメージが変わりそうかなと思って、マイナス2でDAM★とも録音をして、公開申請してきました。随所にヘロヘロなところがあって、96点という点数にはとても合わない出来なんですけど、歌い続けるためのスタートとして記録に残そうと思いました。

ご本人様の動画を見て、もっともっと練習していこうと思います。


www.youtube.com


www.youtube.com

渋谷で5時

歌会に参加すると、「この曲、歌ってもらえませんか」と、ご一緒する方とお互いにソロ曲やコラボ曲のリクエストをしたりするんですが、ぼくにとっては全く知らない意外な曲を頂くことが多くて、その場ではすぐに歌えないことも多いです。そうなると、「次回までに練習しておきます」とお断りします。その場限りで流してもいいんですけど、ぼくはそういうことができないタイプで、「次回までに、絶対歌えるようにする!」とすぐに練習始めてしまいます。それと、雰囲気だけで歌える曲もありますけど、中途半端な出来の歌と、一定レベルを上回っている歌って、歌っていてもわかるので、どうせ発表するなら、よりよい歌を聴いてもらいたいと思います。だから、歌会に参加する方には、コラボ曲は「事前に打ち合わせしましょう」とか「コラボしたい曲があれば教えてください」と声をかけるようになりました。そういうなかでぼくにコラボ曲のリクエストがあったのが「渋谷で5時」という曲でした。

この作品は、鈴木雅之さんと菊池桃子さんによるデュエットでシングルが発売されました。作詞は朝水彼方さん、作曲は鈴木雅之さん、編曲は有賀啓雄さんです。朝水さんは鈴木さんの「違う、そうじゃない」や、中西圭三さんの「眠れぬ思い」や「非情階段」などのヒット曲があります。有賀さんは1987年5月1日に「雨色の僕と君」でシンガーソングライターとしてメジャーデビューし、渡辺美里さんの音楽プロデューサーを務めるほか、鈴木さんや藤井フミヤさんをはじめ多くのアーティストのサポートミュージシャンを務めています。

「渋谷で5時」は元々、鈴木さんの1993年9月9日に発売されたアルバム「Perfume」に収録されたソロ曲でしたが、1994年1月12日に発売されたシングル「違う、そうじゃない」では両A面曲として「渋谷で5時(Romantic Single Version)」が菊池さんとのデュエット曲で収録され、1996年2月1日には「渋谷で5時(1996 Chocolate Mix)」が発売されました。

鈴木さんは「特徴のある歌声で、サビのフレーズが出たときに菊池さんに歌って欲しい」とパートナーの理由を答えましたが、菊池さんは「鈴木さんの歌唱力に自分が追いつかない。鈴木さんに会ったことがなく、怖いイメージがある」として一旦はこの企画を断ったそうです。

でも、鈴木さんの見立てどおりというか、鈴木さんのパワフルボイスと菊池さんのコケティッシュな歌声が妙に融合して、「渋谷」の街の雰囲気を想像させてくれるなあと思いました。そして、発売から30年を迎える今も、色褪せない曲として「渋谷」の今も歌っている気がします。

さてぼくに「渋谷で5時」のコラボを依頼してくれた男性の方は、リアルでこの曲を聴いてはいないはずなのに、「かっこいい曲なので、いい感じになると思います」と言ってくれました。ぼくもこの曲はしっかりとは聴いたことがなくて、「そういう曲、あったなあ」という程度でした。たぶん、ぼくが別のアーティストさんの1990年代の曲を歌ったのを聴いて、ヒントを得たんだろうなと思っています。

ぼくは自分の声も歌も歌い方も、自分なりに自覚をしているところはありますけど、他の方が聴く自分の声や歌や歌い方は、ぼくが思うこととは別の着眼点で見てくれているんだろうと思ってます。そういうところから、今まで知らなかった自分の魅力みたいなものに気づかせてもらえるのはありがたいことだと思います。

ぼくが鈴木さんパートで、相手の方が菊池さんパートを歌う予定です。最後の菊池さんパートのセリフを男が言ったら、意味合いが違って面白そうだなと予想していますが、男女デュエットを男2人で歌う意外性が出せたらいいなと思いつつ、まずは練習しないと始まりません。

「渋谷で5時」のMVを見ていると、当時の渋谷に行った頃の、すっかり忘れていた自分のことも思い出させてくれました。


www.youtube.com