読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

Heart

福山雅治さんは1995年10月にシングル「Message」を発表したあと、2年半ぐらい歌手活動を休止していました。そして1998年4月30日にシングル「Heart」を発売し、歌手活動を再開しました。

この2年半の間もドラマには出演していましたし、「オールナイトニッポン」や「福山雅治のSUZUKI Talking F.M.」のラジオDJも毎週されていたので、あまり休んでいる印象はなかったんですが、当時も「なんで歌わないのかな」とは思っていました。

この作品は、福山さんが主演したドラマ「めぐり逢い」の主題歌にもなりました。作詞と作曲は福山さん、編曲は富田素弘さんで「Peach!!」や「Squall」の編曲もされています。

福山さんが歌手活動を再開されたときの曲だという印象が強いので、この作品を歌うときは、ぼくも前向きになれるような気がします。「あきらめなかった 僕を 見つけることを この街の中で やがて 昇る朝陽のように」で歌詞は始まりますが、そのあとは、君を探して、愛を探して、ふたりの明日を刻もうと結んでいく内容です。ただよく読んでいくと、歌詞がありふれた言葉なので、何だか意味がわからなくなってきます。福山さんは2年半の間にきっと探していたものを見つけられたんだろうと思っています。それは歌手としての方向性だったのかもしれません。久しぶりに「Heart」のPVを見ましたが、2年半前の「Message」に比べると、声質が太くなったようにも感じました。


福山雅治/Heart 【PV】

広告を非表示にする