DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

哀歌(エレジー)

DAM★ともで色々なアーティストさんの曲を歌っていますが、意外と歌っていないのが平井堅さんの作品です。ぼくが平井さんの作品でDAM★ともで公開したことがあるのは「哀歌(エレジー)という作品です。

この作品は2007年1月17日に平井さんの25枚目のシングルとして発売されました。作詞と作曲は平井さん、編曲は亀田誠治さんです。渡辺淳一さんの長編小説「愛の流刑地」を映画化して、豊川悦司さんと寺島しのぶさんの主演で公開することになり、その主題歌を依頼されて、平井さんは原作と映画の脚本を元に「哀歌(エレジー)」を作っていったそうです。

愛の流刑地」は、かつて売れていた小説家が、紹介されて出会った人妻と次第に激しい恋に落ちていく話で、人妻が情事のときに「私の首を絞めて殺して」とよく言っていたのを、本当に殺してしまうんですね。逮捕された小説家は裁判所で罪状を語っていくという、いかにも渡辺先生の得意分野のような筋書きとなっています。

歌詞の世界もこの人妻・冬香の目線なんですね。「ひらひら 舞い散る 花びらがひとつ ゆらゆら 彷徨(さまよ)い 逝き場をなくした」という表現は、一線を越えて、後戻りできなくなった男女をうまく表していると思います。「汗ばむ淋しさを 重ね合わせ 眩しくて見えない 闇に落ちてく いつか滅び逝くこのカラダならば 蝕(むしま)ばれたい あなたの愛で」という表現も、明るい愛ではなくて、いつかは滅びゆくはかなさを感じてしまう哀しい愛を暗示しています。女性の情念はすごく深いんですけど、石川さゆりさんの「天城越え」の女性は愛を貫いていこうとする強い女性であるのとは対照的なものを感じます。

平井さんはこの作品が初めて女性目線で書いたものらしいです。でも作成の過程で結構ストレスが溜まったのか、「哀歌(エレジー)」のリリースの1か月後に、次のシングル「君の好きなとこ」を発表します。こちらは前作の余韻もないほどポップな作品です。

DAM★ともで歌っているとき、平井さんご本人がPVに出られていた記憶があります。その動画は探せなかったんですが、「哀歌(エレジー)」の雰囲気を出されている方の歌をご紹介します。(ぼくではありません。)


歌ってみた 哀歌(エレジー) ~Cover~

広告を非表示にする