DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

ESCAPE

DAM★とものユーザーさんたちが公開する曲を聴いているなかで、そういえばこの曲あったなあという曲に出くわしたりします。最近出くわした1曲が、MOON CHILDが1997年5月に発売した「ESCAPE」という曲でした。今聴いても骨太なロックサウンドと、ボーカルの佐々木さんの声がマッチしている名曲だなあと思います。

この作品は、1997年4月~6月に日本テレビで放送されたドラマ「FiVE」の主題歌に起用されました。「FiVE」は、ともさかりえさん、鈴木紗理奈さん、篠原ともえさん、遠藤久美子さん、知念里奈さんが演じる5人のアウトローな少女たちが、犯罪組織と戦っていくというドラマでした。そういうドラマの筋書きを受けて「ESCAPE」が作られたのかはわかりませんが、歌詞の内容は、心の傷つき疲れ果てた男性が、愛する女性の下へ向かって、愛と癒しを求めていく姿を描いています。「もう誰も癒せない 傷跡に降り注ぐ雨 そう君と秘密を分けあうように ずっと孤独を抱いてくれ」とか、かっこいいと思ってしまいます。「裸の太陽 Ah この胸に 熱く 輝きながら」のフレーズあたりで、ボーカルの佐々木収さんがファルセットを入れながら強く歌っていたシーンが思い出されます。

MOON CHILDはいわゆるロックバンドとしてライブ活動をしていましたが、なぜかabex traxにスカウトされ1996年にデビューしました。「ESCAPE」は、楽曲と歌詞が当時の世相に合ったからだと思いますが、徐々に売れ始めて、オリコンで1位を取ってしまったんですね。おそらくこれは本人たちも周囲も予想外だったのではないかと思います。ただ、おそらくこれで、バンドの作詞・作曲・編曲を担っていた佐々木さんも忙殺されてしまったのかもしれませんが、1999年にMOON CHILD解散してしまいます。

その後、2013年に再結成しましたが、メンバーの交流は今でも続いているようで、険悪になって解散したわけではなかったんですね。ドラムでありバンドのリーダーでもあった樫山圭さんはDECAYSというバンドで活動しています。


MOON CHILD ESCAPE

広告を非表示にする