DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

結(ゆい)

ぼくはカラオケで行くお店がビッグエコーということもあり、DAM★ともをメインにして歌って楽しんでいました。しかし2020年はコロナの影響で、4月の初め頃からビッグエコーをはじめとするカラオケ店舗の大半が臨時休業する状況となりました。ぼくも歌える場所を求めて、営業しているカラオケ店舗を探しましたが、カラオケアプリもいくつか試して歌ったりしました。その1つがKARASTAというカラオケアプリでした。

KARASTAは自分が歌ったものを投稿すればすぐに公開されて、ぼくの歌を聴いた方からのコメントがリアルに入ってくるのが驚きました。DAM★ともは無料の会員なので感想を頂ける機会はなくて、お互いに聴き合っているユーザーさん同士で以心伝心的な関係って感じですから。

7月ぐらいにKARASTAで、自分が作ったオリジナル曲がJOYSOUNDに配信される企画があって、優勝を争った3曲のうちの1曲が、今崎拓也さんが作られた「結(ゆい)」という曲でした。「人の温かい心を歌と声で繋いで結ぶ事ができたらいいな…」という思いから生まれた作品で、ぼくも最初に1回通して聴き終わって、すぐに「この曲歌ってみたい」と思い、1週間ぐらい集中して練習してから、投稿したと思います。KARASTAは自宅で歌ったものを出してましたけど、この曲はサビで思いっきり大きな声ではっきりと歌った方がいいかなと思ったのでカラオケの部屋で歌ったものを出しました。

KARASTAでも本当に多くの方が「結」を投稿されていました。この曲に感じたイメージはそれぞれ違うと思います。メロディーが沖縄の曲を感じさせるところがあるので、南国の景色を連想する方もいらっしゃったようです。ぼくが連想したイメージは、都会の喧騒の中で、仕事からの帰り道に歩いていたら、夜空が星も瞬いていて、ふと呟き始めた言葉、みたいな感じでした。2番の冒頭の歌詞「蘇る記憶に 泪を落とした夜は 一人で歩いてく 心を紛らわせた」が、ぼくはなぜか印象に残りました。

気合いを入れて歌ったからなのか、今まで出していた曲よりも、多くの方からコメントを頂きました。「素敵です」っていうのは嬉しいですけど、本人にとってはどこが良かったのかよくわからなかったりしています。「いい声してますね」も嬉しいですけど、ぼく自身自分の声がいい声だなあとそれほど思っていなくて、いつも戸惑う感想です。ちょっと切り込む感想って心に残っていて、「そういうビブラートも隠し持っていたんですね」という感想を頂いて、自宅で歌う環境と、カラオケの部屋で歌う環境では、音量も含めて歌い方のコントロールをおのずと変えているので、その違いを感じ取られたのだなと思いました。

歌える場所を求めて、カラオケアプリでも歌ってみましたけど、この「結」を歌ったあと、ぼくの中では一区切り付いた気持ちになりまして、KARASTAからは撤退しました。

ここのところ疎かになっていたぼくのホームであるDAM★ともにまた戻ろうと思います。

 

 

 

 


「結」/ 今崎拓也

YOU

ぼくはDAM★ともで多くのアーティストの方の多くの曲を歌っていますけど、音楽の世界って本当に無限に広がっています。ぼくはロック、ポップス、演歌、歌謡曲みたいなジャンルにこだわって聴くタイプではなくて、どんな音楽も聴きたいタイプなので、ふとしたきっかけで、新しいアーティストや新しい曲に出会えたときって、嬉しい気持ちになります。

最近、結構書いてますけど、アリス九號.がYouTubeに公開したSexy Zoneの曲が最近のぼくのお気に入りです。それがきっかけで、それまで歌ったことがなかったSexy Zoneやアリス九號.への音楽的な関心っていうのがすごく高まっているんです。

また、アリス九號.のギタリストであるヒロトさんは「Voicy」という音声のサイトで「秘密基地ラジオ」という放送をされていて、音楽家としての思いをしっかりと話されているのが好感を持てまして、いま結構「ヒロト推し」的な感じです(笑)

そのヒロトさんが9月8日にリツイートされたのが、BALOQUEというバンドが、ボーカリストの怜さんが音楽から引退の意向を示したため、無期限活動休止することを発表している内容でした。ぼくはBALOQUEというバンドのことは何も知りませんでした。そして、BALOQUEのギタリストの圭さんがツイキャスで無期限活動休止について話した内容について、ヒロトさんがリツイートしていました。

音楽の世界では活動休止はよくあることですけど、ヒロトさんがBALOQUEのことをリツイートする理由って何なんだろうと思い、圭さんのツイキャスを聴きました。約30分、発表までの経緯や、怜さんに対しての深い愛情とかをしっかりと話されていて、途中言葉に詰まって涙声になっていて、改めて声で伝えることの重みとか強さを感じました。ファンでも何でもないぼくでも、ウルっと来ましたから。そして、今出会ったBALOQUEの音楽にも関心を持ちました。

BALOQUEというバンドは2001年に4人で結成、2004年に解散し、2011年に活動再開するも2人が脱退し、2012年からは怜さんと圭さんの2人体制となりました。この2人は中学生からの付き合いで、BALOQUEと併せてkannivalizmとしての活動も行っていました。

プロのアーティストが今回の発表に対して「本当にいいバンド」とか「いろいろなことを教えてもらった」というコメントを発表し、BALOQUEのファンの方の心底彼らの音楽に救われ、愛していたという多くのコメント。ヒロトさんも9月11日の「Voicy」で怜さんのことを「凄いボーカリスト」と話し、「強さと優しさと危うさを同時にアウトプットして表現している」と評していました。ヒロトさんは9月10日に行われた圭さんのギターソロライブに行かれて、

「YOU」という曲の演奏に、圭さんの怜さんへの強い思いを感じられたそうです。

この曲は2018年12月25日にBALOQUEの18枚目のシングルとして発売されました。初めて聴いた怜さんの歌声は、確かにやさしさがあるけど、儚さも脆さも感じる、そんな声でした。それと共鳴する圭さんのギターが、まるで怜さんの歌を包み込んでいるようで、また時に何か叫びのように主張されているようで、強い訴えのある演奏でした。

新たな出会いは、ぼくにも新たな学びを与えてくれています。

 


BAROQUE - YOU (Music Clip_Full ver.)

RUN

オリジナル曲を他のアーティストがカバーすることによって、オリジナル曲の作品の良さを別の面から改めて認識することがあります。最近では、ロックバンドのアリス九號.が、ジャニーズのアイドルグループSexy Zoneのデビュー曲「Sexy Zone」をバンドのアレンジでカバーして話題になっています。アリス九號.のギターの沙我さんが、中島健人さん(ケンティー)の大ファンということで、中島さん主演のドラマがスタートするのに合わせて発表しました。

ジャニーズファンの女性(ジャニ担)とバンドファンの女性(バンギャ)は長年相容れない関係にあったと言われていましたが、今回のカバーはSexy Zoneのファン(セクラバ)の皆さんからも優しいコメントが数多くありました。ジャニーズのグループによって、ファンのカラーも結構違いますけど、セクラバの皆さんたちって、他のグループに比べて心の広い方が多いのかなって、ぼくも感じました。

沙我さんが「ジャニーズだから何でもカバーするのではなく、Sexy Zoneだからぼくたちはカバーした」とコメントされていて、アリス九號.としてもSexy Zoneに対するある種のリスペクトみたいなものが、長年あったように感じました。

そして、昨夜、アリス九號.は、中島さん主演のドラマ主題歌であるSexy Zoneの新曲「RUN」のカバーをYoutubeで発表しました。ぼくも今朝この動画を見ましたけど、何も聞かなければ、アリス九號.のオリジナル曲なのかなと思ったほど、歌や演奏がしっくりとはまっていました。


アリス九號. / RUN (Sexy Zone cover)

すぐに今度は、Sexy Zoneのオリジナル動画を見ました。メッセージ性がはっきりとしていて、疾走感のあるメロディーや、前向きに進んでいく歌詞が好感を持てる曲でした。

 


RUN (Sexy Zone)

Sexy Zoneはジャニーズのアイドルですから、アイドルサウンドとしての魅せ方に徹しているわけです。振付を踊りながら軽やかに歌っていく必要があるんですね。そして、彼らは生歌で歌うグループなんだということもわかりました。

一方、アリス九號.はロックバンドですから、カバーをするにしても自分たちのアレンジを入れて個性を出していくわけです。ボーカルの将さんはロックのボーカルとしての魅せ方を示していますし、演奏する4人はアリス九號.の音色を、やや重みのあるサウンドにして、バンドとしての作品を作っていっています。さらに、Sexy Zoneの原曲感も既視できるようなところも残しているところに、オリジナルの作品やアーティストへのリスペクトを感じます。

カラオケでアマチュアがプロの歌手の曲を歌っていること自体もカバーだと思っていますけど、プロアマを問わず、カバーの解釈力や表現力というのは、そのシンガーやアーティストの実力が試されるというか、あらわになると思います。アマチュアの場合は、プロの歌手の歌い方を真似るところから入りますから、それは模倣なんですよね。歌がうまければ、その模倣の完成度が高いと思いますけど、それだけではその技術が優れているだけの歌に過ぎないんです。プロの歌手の方でも、オリジナル以外の曲を番組などで歌う機会がありますが、正直なところ出来不出来の差はその曲によってはっきり出るなあと思います。

大事なのはオリジナルへのリスペクトを持ちつつ、自分ならではの歌い方や見せ方を提示するということで、オリジナルの作品がアレンジを変えることによって、歌詞やメロディーが新たな輝きを生み出せるかどうかだと思います。再生みたいなものでしょうか。

歌って、こういう風に歌わなければならないっていう、ルールや方程式はないと思うんです。歌い方は自由でいいと思います。何だか決めつけすぎて、それで満足しているように見える方もいるんですけど、それよりも自分らしい歌を追い求めた方がいいのかなって思います。

 

 

佐原の町並み

2020年も残り4か月となりました。昭和初期に日本の歌謡曲が生まれてから、今年ほど音楽活動が制約を受けた1年は、第二次世界大戦時を除いてはなかったのではないかと思います。プロの歌手の方も本来の活動がいまだにできない状況が続いています。そういうなかで、2020年に名前を上げた歌手の1人が、今年デビュー2年目の新浜レオンさんであったと思います。

ぼくは、昭和の歌謡曲やポップスの系譜を受け継いでいるのは、いまの若手・中堅のポップス寄りの演歌歌手の皆さんだと思っています。山内惠介さん、松原健之さん、竹島宏さん、川上大輔さん、松阪ゆうきさん、中澤卓也さんなどの皆さんです。彼らに作品を提供している作家の人たちが、松井五郎さんをはじめとして、かつてのニューミュージックやロック、歌謡曲との関わりを持つ方が多いのも特徴です。

新浜レオンさんも「演歌歌手」という括りではあるものの、標榜しているのは1970年代の男性歌手なんだろうなと思います。にしきのあきらさんは浜口庫之助さんというウィングの広い作詞家兼作曲家の元で青春歌謡をテーマにした曲で人気を博しましたし、その後に野口五郎さん、西城秀樹さん、郷ひろみさんの「新御三家」男性アイドルのブームが起きるわけですが、新浜さんは、にしきのさんと五郎さんと秀樹さんのイメージを混ぜたような雰囲気を持っています。

お父さんが高城靖雄さんという演歌歌手であることもあり、新浜さんが演歌や歌謡曲に馴染んで過ごしてきたのだと思いますが、あえて「演歌や歌謡曲を歌う」と差別化した戦略が、本人のビジュアル面と奏功して、有名になっていったのかなと思います。実はそのビジュアル面ももともとの体型から10kg近くダイエットして、「新浜レオン」という歌手像を作る努力をした点は見逃せないところです。デビュー前の新浜さんは今とはイメージの違う、ちょっとごつい雰囲気のスポーツマンという感じでした。

新浜さんの曲のプロデュースをしているのが馬飼野康二さんです。昭和の歌謡曲から多くのヒット曲を作って来られた方ですが、新浜さんへの歌のアドバイスの中で見えてくるものは、声を無理に出させないということなのかなと思いました。これって、今どき流行りのどこまでも高い声を出させて売っていくやり方とは対照的なんですけど、無理ない声で歌うことはその人らしさも歌に現れてくるから、歌うことで親近感を生みやすいのかもしれないなと思いました。

そして、新浜さんが所属している事務所はビーイングで、文字どおり1990年代にビーイングブームで多くのロック・アーティストを輩出した事務所ですが、そのビーイングが海峡レコードというレーベルを設立して、事務所初の演歌歌手である新浜さんをプロモートしています。新浜さんの2枚目のシングル「君を求めて」のカップリング曲が「佐原の町並み」という曲ですが、作詞と作曲をされたのがビーイングの創業者でもある長戸大幸さんです。佐原(さわら)というのは千葉県香取市にある町(昔は佐原市)ですが、水郷や商家の町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている場所で、歌詞にもそういう風景が出てきて、こういうご当地ソングも新しいのかなと、ぼくは好印象を持っている歌なので、DAM★ともでも結構歌っています。「君を求めて」が王道アイドル路線とすれば、「佐原の町並み」は等身大の男性路線なのかなと思います。

無理なく自分らしさを主張していく新浜さんがどういう歌手に変貌していくのか、ぼくも楽しみです。


新浜レオン「佐原の町並み」ミュージックビデオ(フル Ver.)【公式】

 

夜カラ

ぼくはカラオケを楽しむときはDAM★ともヒトカラをやっていますが、人前で歌ってみようかなと思ったときはカラオケスナックのお店に行って、カラオケを楽しんでいます。

このお店はカラオケ大会でご一緒した方がよく行かれているのをTwitterで見て、どういうお店なのかなと興味を持つようになって、何回か行くようになりました。今月は時間ができたこともあって、2回ほど夜カラに行って来ました。

コロナ騒動の最中ですから、カラオケと聞いただけで、あたかも感染源のような、まるで敵のような言い方をされる方もいらっしゃいますが、このお店はマスターの方が感染予防対策を十分に施していらっしゃいますし、来店も事前に予約してお客さんの人数も数名に限定して営業していますので、安全な空間で音楽を楽しむことができます。もちろんぼく自身も含めて、お客さんの側も健康に問題がないことを確認した上でお店にお伺いしています。

そういうお客さんたちは基本的に歌が上手い方ばかりで、少しは飲んだり食べたりしますけど、約3時間歌うことに集中して、自分の歌をマスターとママさんと他のお客さんに聴いて頂く場所という感じです。そういう時って、ヒトカラのように自分の欲求だけで歌うという訳にはいかなくて、目の前にいる皆さんに向かって歌おうっていう気持ちになるわけです。ぼくは自分の歌声を通じて、他の皆さんが知らない曲を伝えようとしますけど、結構興味を持って聴いてくださる方が多いので、歌に対する関心の高さを改めて感じています。

カラオケ大会でご一緒した方とこのお店で出くわしたことはまだなくて、初めてお会いする方とご一緒する訳ですが、同じ時間を共有するにつれて、歌や音楽についてのお話も弾むようになってきますので、ある意味歌よりも興味深い話を教えて頂いたりします。

先日ご一緒したお客さんはジャニーズの曲についても詳しくご存知の方で、ママさんもジャニーズのタレントさんの話は詳しそうでしたので、ぼくも日頃はヒトカラでしか歌っていない、ちょっとレアなジャニーズの曲を、A.B.C.Zや中山優馬さんの曲など何曲か歌ってみたら意外に盛り上がってしまって、そのお客さんにも、ぼくが知らないKinKi Kidsタッキー&翼のレア曲を教えて頂いたりで、楽しめて学べることがいっぱいある時間でした。

歌とか声とかについても話をしましたけど、コラボして歌うときにも2人が自己主張だけしていても歌としては上手くても聴き心地は決して良くはなくて、メインならメインの役割に、ハモリならハモリの役割に徹してやらないと、声が融合してくれないという経験談を話したりしました。1人で歌う時も、こんなに歌の技術が使えるんだという主張が強い歌い方をされる方が、カラオケ大会ではまあまあいらっしゃいます。自己主張は必要なんですけど、それが余りに強すぎると、歌声に対する反発心がぼくは芽生えてしまうことがあったりして、上手いのは分かっていても、響いてはこないことがあります。ぼくは元々そこまでの技術力はありませんので、聴く方に向けて歌うように心がけています。どれだけ寄り添えているのかは自分でも全く分かってないんですけど、こういうお店で歌わせて頂くと、歌をぼくが思っている以上に褒めて頂くことがあって、そういう感想のときはちょっと気恥ずかしかったりしています。もちろん、歌っていても逆に余り響いていないんだなと感じるときもあったりしますので、人前で歌うことは、歌の勉強をしているぼくにとっては良い刺激になっています。

 

 

 

サンセット・メモリー

日本の歌謡史においては昭和の歌謡曲は欠かせないところです。今の音楽のベースになっていることは勿論ですけど、当時は歌手も作品もバラエティに富んでいたと思います。

1980年代は昭和の最後になりますけど、アイドルが全盛を誇っていた時代ですが、ニューミュージックも大衆に溶け込む音楽へと変わっていった時期でもありました。この時代のヒット曲として思い出したのが、杉村尚美さんの「サンセット・メモリー」という曲でした。

この作品は1981年1月25日に杉村さんのソロデビューシングルとして発売されました。作詞は竜真知子さん、作曲・編曲は木森敏之さんです。杉村さんは日暮しというフォークグループのボーカルとして1972年から活動されていましたが、1979年に日暮しは解散し、1年間の休養をしていた頃でした。当時は気楽なアマチュアの音楽活動を楽しもうかなと思っていた矢先に、この作品を歌う話が舞い込んだそうです。メロディーを聴いてこれは売れ線の曲と察知した杉村さんは、ヒットすることへの不安がよぎったそうです。そして、この作品は「炎の犬」というドラマの主題歌に採用されることが決まり、杉村さんの不安は増したそうです。

実はこの「炎の犬」というドラマも突然作られることになったドラマでした。勝新太郎さんが主演で放送していた「警視-K」というドラマが視聴率や予算の問題で2クールの予定が1クールで打ち切りとなり、4月スタートのドラマまでの中継ぎで制作されたのが「炎の犬」でした。杉村さんの主題歌起用もいわば偶然の産物でした。

「炎の犬」も視聴率が10%以上と意外な健闘を見せると共に、「サンセット・メモリー」も着実に上位へとランクアップしていき、当時のベストテン番組にも出演をされていました。高音が伸びる綺麗な声がとても印象的でした。作曲の木森さんは1987年に岩崎宏美さんの「聖母たちのララバイ」を提供しましたが、そのモチーフはこの「サンセット・メモリー」にあったのかなと思います。この年のオリコンシングル年間27位ですから、ぼくが思っていたよりも大ヒット曲だったんだなと思います。

杉村さんは芸能界の水には合わなかったそうで、その後29才で結婚を機に引退され、現在も歌番組への出演依頼はお断りされているそうです。

 


sunset memory Naomi Sugimura サンセット・メモリー 杉村尚美

 

 


炎の犬第1話OP 1981年放送

Imitation Rain

先日、カラオケでジャニーズの曲を久しぶりに人前で歌う機会がありました。この時はKinKi KidsSexy Zoneの曲を歌って楽しみました。その時に「キンプリとかストーンズも歌えますか」と聞かれて、「それは歌えません」と答えたんですが、SixTONESストーンズ)のデビュー曲「Imitation Rain」は宣伝で聴こえた曲のフレーズが何となく気になっていました。それでその翌日から、DAM★ともでこの曲を練習することにしました。

この作品は2020年1月22日にSixTONESのデビューシングルとして発売されました。作詞・作曲・編曲はX  JAPANのYOSHIKIさんが作られました。既に作品を聴かれた方はおわかりでしょうが、メロディーやピアノのアレンジがYOSHIKIさんの世界が広がっている感じです。曲名からして、X  JAPANの「ENDRESS RAIN」を彷彿させる「Imitation Rain」、歌詞には「紅に染まるまで 雨に打たれて」という一節が何度も出てきます。

ジャニーズのアーティストのデビュー曲の依頼というのは、オファーされたアーティストには大ヒットすることが命題であったりして、相当なプレッシャーだそうです。作詞家の松本隆さんはKinKi Kidsの2人に会って話をして、「硝子の少年」の作詞を着想されたそうですが、YOSHIKIさんもおそらくSixTONESの6人の映像をご覧になられて、「Imitation Rain」というテーマを決めたのではないかと思えるのです。歌詞を読んだ時に、これは6人の心情を読み取って書いているのかなと感じたからです。

彼ら6人は2012年に「私立バカレア高校」というドラマで共演しますが、ドラマの終了後はバラバラに活動します。ジャニーズJr.の中には多くのグループが結成と消滅を繰り返しています。デビュー前の競争が熾烈なわけです。松村北斗さんと高地優吾さんはB.I.Shadowというグループにいましたが、ここにいた中島健人さんと菊池風磨さんがSexy Zoneとしてデビューしたため、このグループは実質解散する悲哀を味わいました。その後、ジャニー喜多川さんに直訴して、この6人でのジャニーズJr.コンサートを開催しました。それがきっかけで、2015年に6人はSixTONESとして結成されました。最大の危機は2018年に、彼らよりも若いメンバーによるグループ「King&Prince」のCDデビューが発表された時に、ジャニーさんが「事務所のグループが多すぎるので、もうこれ以上CDデビューはさせない」主旨の発言をしたとされたときでした。下積みを続けている彼らにとっては本当に心が折れる思いだったと思います。しかしその1年後、ジャニーさんは倒れる直前に、SixTONESのデビューを決断し、彼らはやっとデビューを掴むことができたわけです。

そういう紆余曲折の中で葛藤しながらも健気に活動している彼らを、YOSHIKIさんは雨の中で儚さと憂いを持った情熱の花に見立てたのかもしれません。この作品のラストのサビで京本大我さんが歌うハイトーンボイスは彼らの叫びと誓いのようにも聴こえました。

YOSHIKIさんは作詞について、抽象的な表現のようで、実は核心に突き刺さっている詞が好きで、ポジティブなエネルギーはネガティブなエネルギーを引き出すことによって引き立つという考えだそうです。どんな逆境があっても、6人で生きていく覚悟を決めた以上、雨に打たれても夢の世界へ進んでいけるポジティブなエネルギーでしょうか。

日頃の6人は仲の良さを感じるグループで、何となくそういうチームワークはSMAPの初期の頃を思い起こさせてくれます。それにしても京本さん、歌がむちゃくちゃ上手くなったなあって思います。ぼくにはラストのハイトーンは到底出せませんけど、歌詞やメロディーに込めた思いは何とか歌えたらいいなあと考えています。


SixTONES - Imitation Rain (Music Video) [YouTube Ver.]