DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

だきしめたい

ぼくは一日の中で空いた時間があれば、DAM★ともで歌っている曲を聴いています。聴く曲はいろいろで、例えば朝に、自分を元気づけるためにアップテンポな明るい曲や勇気を与えてくれる歌詞の曲を選ぶこともあれば、切なくて暗いバラードを聴くこともあれば、聴きたいアーティストの曲を選ぶこともあります。そういう曲の中でぼくが最近聴いている1曲が、林部智史さんの「だきしめたい」という曲です。

この作品は2017年6月28日に3枚目のシングルとして発売されました。作詞は林部さん、作曲は谷真人さん、編曲は坂本昌之さんです。

作曲家の谷さんはピアニストでもあり、ビジネスマンから音楽家として転身された経歴の方です。幼少の頃に習っていたピアノを再び独学で始められて、2000年パリ国際アマチュア・ピアノ・コンクールで優勝されたのがきっかけだそうです。

編曲家の坂本さんは徳永英明さんや鬼束ちひろさんのコンサートでバンドマスターを務めるほか、林部さんのデビュー曲「あいたい」の編曲もされました。

林部さんは、「あいたい」を全国の多くの場所で歌っていた頃、歌を通じて出会った人たちから聞いた「大切な人に対する愛惜(あいせき)の想い」に触れたことから、この作品を作られたそうです。愛惜とは、心を強くひかれ大切にすることや、心残りが多く別れるのが辛いことといった意味です。林部さんが作られた歌詞からは、あなたやあなたと過ごした日々を過ごしたことが今でも忘れられないという惜別の思いが綴られています。

ピアノのメロディーは淡々としているようでドラマチックでもあり、林部さんの歌声も合わさると切ないバラードになっているなあと思いました。

ぼくが林部さんの曲を歌おうと思うのは、林部さんの歌に向き合う姿勢が真摯な印象があって、見習うべきことが多いからです。作品はぼくにとっては声域が高めなんですけど、高音をどうやったらもっと上手く出せるだろうかというチャレンジも含めて、「抱きしめたい」も含めて歌うようにしています。

DAM★ともでの採点の点数が実に不思議で、高音域とかろくに歌えていないのに、なぜか96点とか97点だったりします。他の曲だったらこれぐらいの点が取れていれば人前で歌う曲には入れていますけど、ぼくの中ではまだ人前で出せるレベルではないと思っています。ただ、ほぼ毎日この曲を聴いていると、毎回違ったところに気づくことがあって、体の中にこの曲の描いている世界観みたいなものは入ってきているような気がします。

林部さんがピアノで「だきしめたい」を弾き語りしている映像です。歌い方も含めていつもとはちょっと違います。


渾身の力をふり絞り、だきしめたい を弾き語りで歌う林部智史さん。

 

夜が明けて

今年1月23日に歌手の坂本スミ子さんが亡くなられました。1960年代に日本でブームとなったラテン音楽の曲をカバーし、「ラテンの女王」として活躍されました。ラテン音楽といっても一言では言えませんが、坂本さんは1959年に、来日したアメリカのラテン音楽グループのトリオ・ザ・パンチョス(Trio los Panchos)の前座公演に出演されていて、彼らはメキシコの音楽の影響を受けていました。

坂本さんの歌はYouTubeの動画で聴くことがありました。1965年の紅白歌合戦で歌唱された「グラナダ(Granada)」は、1932年にメキシコ人のアグスティン・ララ(Agstin Lara)が作詞と作曲をした、スペイン南部のアンダルシア地方の古都であるグラナダの町を賛美した曲で、世界のクラシック歌手が好んで歌うラテンのナンバーですが、坂本さんはパワフルな歌唱力と独自の解釈で見事なステージを披露されていました。また、1996年の映像で歌われている、エル・クンパンチェロ(El Cumbanchero)はプエルトリコの作曲家ラファエル・エルナンデス(Rafael Hernandez)が1943年に発表した作品で、今の日本では高校野球の応援でよく使われる曲ですが、当時60才にしてこのパワフルな魅せるステージの迫力が凄いと思いました。


エル・クンバンチェロ 坂本スミ子 1996' 25 UPG-0418

ぼくがDAM★ともで歌っている坂本さんの曲は「夜が明けて」という曲でした。ラテン風なサウンドって割と心地よい感じで、例えばKinKi Kidsの「ボクの背中には羽根がある」は、フォルクローレ(folclore)という、アンデス地方民族音楽をベースにスペインの音楽が融合した感じの音楽がベースに感じられます。ポルノグラフィティの「アゲハ蝶」もフォルクローレのアップテンポなサウンドかなと思います。そういう曲を歌ってた頃に「夜が明けて」を聴いたとき、これってフォルクローレだと思い、歌い始めた記憶があります。この作品は1971年10月21日に発売されたシングルで、作詞はなかにし礼さん、作曲と編曲は筒美京平さんです。日本で知られているフォルクローレの曲というと、サイモン&ガーファンクルがカバーした「コンドルは飛んでいく(El Condor Pasa)」ですが、筒美さんもフォルクローレで使われるケーナ(quena。縦笛)やチャランゴ(charango。弦楽器)を使って、なかにしさんが書いた女性の哀しい感情の歌詞に合うようなサウンドを作られた感じです。

坂本さんが1977年頃に、川崎市高津区の「カラオケとダンス ムーンライト」というお店でライブをされた音源を見つけました。「夜が明けて」は2曲目で歌っています。坂本さんの歌や音楽を楽しむ姿勢が一貫して感じられました。歌をお客さまに聴いて頂く姿勢や見せる姿勢も勉強になることがありました。


60 /70年代デナーショー坂本スミ子

この2週間、ブログを書く気にはならず、SNSで呟く気にはならず、歌を投稿する気にはならずでした。カラオケではいつもどおり歌っていました。いろいろな曲を歌って、自分の答えを見つけていくことは変わらないです。

 

 

悲しみのニューヨーク

ぼくが初めてカラオケ大会に出た時に歌ったのが、松原健之さんの曲でした。

初めて松原さんの歌を聴いたのは、たぶんNHKの歌番組だったと思いますが、村下孝蔵さんの「初恋」を歌われていたときでした。


松原健之~初恋~

綺麗な声質とか、軽やかに柔らかい歌い方で、「初恋」をカバーで発売すればいいのにと思うほど、いっぺんで松原さんの歌を気に入ってしまった瞬間でした。

松原さんは一般的には「演歌歌手」として紹介されますが、他の歌番組でも松原さんが歌謡曲やポップスを歌われているのを聴いていると、ぼくはポップス系または叙情歌系の歌手だと思っていまして、そういう作品をシングルとしてリリースして欲しいと思っていました。そして、最新シングルに収録された1曲が「悲しみのニューヨーク」という曲でした。

この作品は2020年9月30日に17枚目のシングルとして発売された「雪風」の両A面カップリングとして収録されました。作詞は伊藤薫さん、作曲と編曲は鈴木豪さんです。伊藤さんは野口五郎さんの「19:00の街」や欧陽菲菲さんの「ラヴ・イズ・オーヴァー」のヒット曲で知られた方ですが、松原さんとは2013年に「悲しみの雨」という作品を発表しています。鈴木さんは松原さんの多くの作品で編曲を手掛けられていて、2018年に発売されたアルバム「松原健之がうたう平尾昌晃永遠の名曲選集」の全曲、2016年に発表された「みちのく ふゆほたる」などの作品があります。鈴木さんのお父上の鈴木宏昌さんはジャズピアニストとして活躍されました方ですが、手塚治虫さん原作のアニメ「海のトリトン」で音楽を担当され、今のアニメ音楽の礎を築いたと言われており、歌謡曲では大橋純子さんの「シルエット・ロマンス」の編曲を提供されました。

さて、彼らが作った「悲しみのニューヨーク」は2020年3月に当初発売予定でしたが、当時はアメリカでも新型コロナウイルスの感染が蔓延し始め、タイミングが悪いとのことで9月に延期されました。ピアノをベースとしたオーソドックスなラブバラードで、ニューヨークを舞台に、叶わない夢でもまた君に会いたいと回想する主人公を描いています。松原さんご自身はニューヨークは行ったことがないそうですが、歌詞に出てくる「海風吹き抜けて 遠く振り向けば摩天楼」とか「まだハドソン川に 暮れ残る夕陽の色」とか「ニューヨーク七番街に サイレンの音が響く」とか、歌によってその情景が思い起こされてきます。ぼくも1回だけ行ったことがあるニューヨークの街は、どこか混然としている雑踏もあれば、歌詞に出てくるような不思議な穏やかさもあった記憶があります。

松原さんは声を抑え気味にしつつも、軽やかで柔らかく簡単そうに歌われています。ぼくもこの曲を練習していますけどさ、サビの「君に会いたい もう一度君に会いたい 叶わない夢でも」の第1ハードルも高音でブレスのタイミングが難しいながら何とかクリアしても、第2ハードルの「思わず空 見上げれば」で声量が失速してしまいます。ぼくにとっての課題なんですけど、高音のロングトーンを入れつつ、高音域でのメロディーを乱さずに歌えるか、というのがなかなか難しいです。とにかく何十回も歌って、ベストなブレスのタイミングを掴みつつ、サビでの声量をいかにキープできるようになれるかで、歌ってる時になぜか「これじゃ水泳選手だよなあ」となぜか思ってしまいます(笑)。

ぼくがいつも参考にしている松原さんの動画はアップNGですので、この曲を歌われている方の動画をアップします。この方はぼくが課題にしているサビの息継ぎもできておられます。

 


松原健之の(悲しみのニューヨーク)を邦しんやがcoverしてみました。

 

この瞬間、きっと夢じゃない

ぼくがDAM★ともでお気に入りのアーティストにしているSMAP。2016年12月31日をもってSMAPが解散してから4年以上が経ちましたが、改めて彼らのエンターテイナーとしての影響力の大きさとかプロフェッショナルさとか、発表した多くの作品の質の良さとか、折に触れて感じています。

今年の初め、KARASTAでユーザーさんが歌っているのを聴いて、思い出した1曲が「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」という曲でした。

この作品は2008年8月13日に43枚目のシングルとして発売されました。当時のTBS系の北京オリンピックのテーマソングにも採用されました。作詞・作曲はHi-Fi  CAMP、編曲は長岡成貢さんです。Hi-Fi CAMPはメンバー4人が宮城県仙台市に在住するバンドで、2008年6月4日にシングル「キズナ」でメジャーデビューしました。メンバーの脱退を契機に、2013年6月4日に解散しています。長岡さんはSMAPの「雪が降ってきた」「たいせつ」など多くの作品を提供されているほか、CHEMISTRYの「almost in love」、KinKi Kidsの「シンデレラクリスマス」も編曲されています。またご出身である三重県の伊勢をテーマとした活動もされており、伊勢神宮での奉納演奏として、第六十二回式年遷宮「白石献上歌」や巫女舞「祈りのとき」の作曲もされています。

さて、「この瞬間、きっと夢じゃない」を初めて聴いたとき、こういう方々が作られたとは知らず、作詞も作曲もラッパーの方が作ったのかなと思うくらいに歌詞がものすごく多くて、リズムも早い作品という印象でした。歌のパートが、1コーラス目Aメロ稲垣さんソロ→Bメロ香取さんソロ→草彅さんソロ→サビ全員→2コーラス目Aメロ中居さんソロ→Bメロ稲垣さんソロ→木村さんソロ→サビ全員→Cメロ草彅さんソロ→香取さんソロ→中居さんソロ→稲垣さんソロ→木村さんソロ→ラスサビ全員、という構成になっています。

SMAPの歌唱力については下手という評価が多いのかもしれませんが、ぼくは下手とは思っていません。この曲を歌うのはすごく難しいと思いますし。それじゃ上手かというと、いわゆるボーカリストの歌唱力の圧倒さで歌い上げるものではありませんけど、ぼくは楽曲の世界観はしっかりと作っていると思います。SMAPが5人で歌った声の調和感のパワーとか魅力こそ、彼らが多くの人々に愛されたところなのではないかと思います。歌の中で歌唱力の上手下手は1つの要素にすぎず、そういう次元を乗り越えて、歌を伝えることがもっと大切なんだろうと思います。この5人の中でも稲垣さんの歌はこの曲に限らず、芯があってしっかりと伝えているものがあったんだなあと最近感じています。ぼくも、こんなに上手く歌えるんだみたいな歌よりは、作品の世界を伝えられる歌を歌いたいと思います。


SMAP- この瞬間とき、きっと夢じゃない

 

御手紙

カラオケで歌いたい曲をどう選んでいるかというのは、人それぞれのアプローチやきっかけがあると思います。新曲を歌いたいという方もいますし、プロの歌手の歌声を聴いて自分も歌ってみたいという方もいます。

ぼくの場合はいろいろな曲を聴いてみて、自分を引き出せそうな曲かどうかを推し量りながら、歌いたい曲を選んでいるように思います。新曲を選ぶときもありますけど、どちらかというとそのアーティストさんの有名な曲よりはちょっと隠れたいい曲を選ぶことが多いです。プロの歌手の歌声を聴いて歌ってみたいというのはありますけど、それ故に難しい曲を選んでしまいがちだとは思います。

ぼくは最近、シドさんの曲をよく聴いています。いま歌える曲が「恋におちて」しかなくて、もっとシドさんの他の曲も歌えるようになって、自分の引き出しを広げたいということからなんですけど、その中でぼくがいいなと思った曲が「御手紙」という曲でした。

この作品は2006年8月16日にシングルとして発売されました。シドがインディーズの時代の作品ですが、オリコンでは最高9位を獲得しました。シドの作品は作詞はボーカルのマオさんが、作曲はベースの明希さん、ギターのShinjiさん、ドラムのゆうやさんが作る体制ですが、この作品も作詞がマオさん、作曲が明希さん(御恵明希名義)です。明希さんは「御手紙」を「最高傑作」と後年になってからも評価しており、この作品への強い思い入れが感じられます。

ぼくはヴィジュアル系ロックバンドの曲を聴くのは好きな方で、日本の歌謡曲のペーソスが感じられる「歌謡ロック」に親近感が湧きますし、和様のモチーフを取り入れたバンドも結構多くて、シドはそういう要素を持っているバンドだなあと思っていました。

「御手紙」のMVを見ていると、江戸時代の遊女を思わせる女性が登場しますけど、歌詞を読んでいると、古語は使っていないのに、平安時代の手紙のやり取りみたいな雰囲気を想像しました。Bメロの歌詞「微力ながら 精一杯 お慕い申し上げてみます 晴れて結び 暁には とめどない 想 明け方」に乗せるサウンドがしっかりとロックになっているのがかっこいいなと思って、AメロとサビをつなぐBメロの展開が秀逸だなと感じました。マオさんの歌い方もBメロで変えにいってますし、歌うときのポイントの1つだと思いました。

サビの歌詞「これは罪な君に捧げる 生まれ落ちた理由です 形の無いもの故の文 上手く 上手く それだけを願う」も、肺活量が相当必要なメロディーで、マオさんの熱気のこもった歌い方を見ていると、声もできる限り全力で張っていくのかなと思いました。

ぼくも初めて歌ってみましたけど、1コーラス目は何とかクリアできても、2コーラス目、ラスサビとまだ息切れしてしまう感じです。こういう息切れを解消するのは何回も歌っていくなかで、自分のブレスのベースを決めていって、流れを掴んでいくしか、ぼくの場合はなくて、こうやって歌も自分の中で昇華されていく感じです。この曲がバッチリ歌えたらかっこいいだろうなと思うので、歌うことは楽しいです。

 


シド 御手紙

君想い

2021年の1月ももうすぐ終わりますが、1月はDAM★ともをはじめ、KARASTAやnanaにも時間ができれば曲を歌って投稿するようにしました。DAM★ともに3曲、KARASTAに15曲、nanaに12曲でした。同じ曲を複数のSNSに出して、聴いてくださった方のコメントを読んでは、録音した自分の歌を聞いて、改めて「ここ音外してた」とか「ここ歌い方弱かった」とか振り返ったりしています。

ぼくが今月nanaに投稿した1曲が、KEISUKEさんの「君想い」という曲でした。

KEISUKEさんは広島出身のシンガーソングライターの方で、2018年からInstagramにギターの弾き語り投稿を始めて多くのフォロワーを獲得し、TIKTOKでも同様に多くのフォロワーから注目されているシンガーです。「君想い」がリリースされたのは2019年11月27日とのことで、YouTubeでの再生回数は現在365万回となっています。

ぼくは昨年の11月頃から、最近注目されているシンガーさんの曲をYouTubeで聴いている中で「君想い」に初めて出会って、落ちついた安らぎのあるメロディーに、まっすぐに響くKEISUKEさんの歌声を聴いて「すごくいい曲だなあ」と一目惚れしてしまって、歌ってみたいなあとチャレンジしているところです。

この作品は男子の片思いな心情を描いていて、思っている彼女には別の好きな男性がいる設定のようで、歌詞が男心の繊細なところをうまく表現していると思いました。「あのさ それくらい気付いてる 僕なんかじゃダメだってこと」とか、「あのさ どれくらいの努力と どれくらいのセンスでなら 君を振り向かすことができる?」という歌詞がサビに出てきますけど、勇気が出せなくて一歩踏み出せない、優柔不断な男子の悶々とした、でも健気な言葉を、綺麗な川の流れのようなメロディーと、KEISUKEさんのメッセージある歌声が、しっかりと受けとめてくれている大河のようなスケールを感じました。

ぼくもこの曲の雰囲気を出そうと試みて、nanaに投稿して、ユーザーさんから聴いては頂けたものの、拍手は頂けませんでした。DAM★ともの採点ではDX–Gで96点台になりましたけど、まだメロディーをなぞってる感じなので、歌詞が伝わるような歌に伸ばしたいと思っています。

最近の共感の多い歌って、「香水」も「ドライフラワー」も、この「君想い」も、恋が終わる別れ話なんですよね。これも世相なのかなって思います。

 

 


KEISUKE - 君想い(Music Video)

瑠璃色の地球

昨日は日頃からお世話になっているカラオケスナックのお店に2週間ぶりに行ってきました。このお店は歌の上手い方や耳の肥えた方が集まるお店ですので、ぼくの歌を現場で聴いて頂ける場所としては貴重になっています。

ぼくが1曲めに歌ったのは、前回のブログで紹介した中澤卓也さんの「約束」という曲でした。マスターもご一緒のお客さんも、中澤さんのことは知らなくて、この曲も初めて聴いたわけですが、口を揃えて「この曲いい曲ですね」と言ってくださったのがすごく嬉しかったです。

前回のブログでぼくが歌ったこの曲も調子に乗って貼り付けてしまいましたが、ブックマークで歌の感想を寄せてくださった方がいらっしゃいまして、どうもありがとうございました。

Twitterの方にも同じようにリンクを貼ってみましたが、この曲は反応が良くて、いい曲ですねという反応と、ぼくの歌も中澤さんのファンの方から褒めて頂けて、DAM★ともでこの曲はいつもより多くの皆さまに聴いて頂いておりまして、本当に嬉しいです。

さて、このお店でご一緒したご婦人の方から「リクエストなんだけど、この曲歌えるかしら」と言われたのが、松田聖子さんの「瑠璃色の地球」という曲でした。ぼくはこの曲を何回も聴いたことはありましたので、歌ったことは一度もなかったんですけど、何とか歌ってみました。その方は冒頭の「夜明けの来ない夜は無いさ」という歌詞がお好きとのことで、ぼくの初うたにも非常に喜んで頂けました。

松田聖子さんの多くのヒット曲の中でも、幅広い世代から支持の多い「瑠璃色の地球」ですが、この作品は実はシングル曲として発売されたことはありません。1986年6月1日に発売された松田さんの13枚目のオリジナルアルバム「SUPREME」の10曲目として収録された曲でした。当時、聖子さんは神田沙也加さんを出産し芸能活動を休止している中でのアルバム発売で、シングル曲が収録されていないにもかかわらず、楽曲の評価が高いアルバムと言われています。1986年の年末に活動を再開し、NHK紅白歌合戦で歌唱されたのが「瑠璃色の地球」であったため、視聴者の印象が強く残っているのだと思います。その後、2001年、2020年の紅白歌合戦でも再びこの曲は歌唱されていますが、アルバム曲が何度も歌唱される例はおそらく他にはないと思います。

2020年は聖子さんが1980年にデビューしてから40周年ということで、「瑠璃色の地球2020」が自身のセルフカバーとして配信されました。


松田聖子 瑠璃色の地球

 

ということで、ぼくも昨日は「瑠璃色の地球」に改めて出会えた1日となりましたので、後でKARASTAでも自分の歌がどうだったのかを確認するため、この曲を録音して投稿してみました。

さて、前回のブログで自分の歌を晒してみたのは、ぼくのブログを引用してくださった方の記事を読んでいるなかで、「普通はどんな歌を歌っている方なのだろう」とか、ぼくの歌について色々と想像してくださっていたのがきっかけでした。関心を持ってくださる方がいらっしゃるのであれば、素人の歌ですけど出してみようかなと思ったわけです。

それと、昨日は無事にリクエストに歌うことができましたけど、「一緒に歌って」と言われた曲を全く知らないことが多くて、自分の引き出しの少なさを痛感する機会がありまして、いろいろな曲に出会って、歌えるようになって、歌の交流をできるように1曲でも多く覚えていくのが2021年のぼくの目標になりそうです。