DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

盛岡ブルース

日本の演歌・歌謡曲・ポップスには「ご当地ソング」と呼ばれる歌が多くあります。歌のタイトルや歌詞に、地方や町の名前とか、各地方の風習・文化・地形に関する事柄などを取り入れて、地方色や郷愁などを前面に打ち出した作品であり、今では水森かおりさんが「ご当地ソングの女王」と呼ばれていますが、ぼくが往年の「ご当地ソングの女王」と思うのは、青江三奈さんだと思います。

青江さんの大ヒット曲は「伊勢佐木町ブルース」、「池袋の夜」、「長崎ブルース」といずれも地名が入っていますが、青江さんが歌うと、伊勢佐木町や池袋や長崎の町の情景が浮かんでくる感じがします。ぼくが青江さんって歌上手いなあって思ったのは、飛行機に乗ってオーディオで懐メロのチャンネルを聴いていると、ヒット曲ではなくて初めて聴いた曲でも、「夜の瀬戸内」「木屋町の女」「神戸・北ホテル」でしたが、不思議とその土地を思わせる歌唱力ってすごいなあと思うんです。2016年4月には「日本列島おんなの旅路 青江三奈ご当地ソングを唄う」というアルバムが発売されていますが、「東日本編」が「小樽の灯」から「伊勢佐木町ブルース」までの18曲、「西日本編」が「木屋町の女」から「日本列島・みなと町」までの19曲、収録されています。

さて、ぼくが最近歌っているのが「盛岡ブルース」という曲です。この作品は、NHKで放送されていた「あなたのメロディー」という番組から生まれた曲で、視聴者が作詞・作曲を応募して、その中で優秀な作品を選んで、番組でプロの歌手が歌唱する番組だったんですが、つのかけ芳克さんが作詞・作曲をされた「盛岡ブルース」は1978年の年間最優秀曲賞に選ばれ、歌唱した青江さんのシングルとして1979年に発売されました。1979年の紅白歌合戦で青江さんは「盛岡ブルース」を熱唱されていますが、冒頭の「青い灯が揺れる」から情感の入れ方や言葉の発し方に工夫がされているのがよくわかります。ただ歌詞をなぞって歌っただけではともすれば平板な歌になってしまうところを、歌に緩急をつけて1シーンを作り出すのが表現力であって、そこに「盛岡の夜」も「君と出逢った中の橋」も「思い出の大通り」も浮かんでくるわけで、詞や曲に命を吹き込むのが歌手の仕事なんだなということをつくづく感じます。

青江さんの動画を見て感心するのは、自分の歌に歌った歌手への敬意を示してからステージに入ってくる礼節がどの歌手よりも気をつけてされていたところにあります。衣装も決してけばけばしくはなくて、分を弁えた華やかなドレスを身に纏い、決して嫌味を感じない綺麗なステージングであったなあと思います。昭和の名歌手の動画を見て、自分の歌に生かしていきたいことはいくつもあると思います。


青江三奈 / 盛岡ブルース

かなしみ模様

日本の歌謡史の中で、歌唱力は勿論のこと、歌の表現力においても群を抜いていたのがちあきなおみさんでした。ちあきさんが現役の歌手活動をされていた頃は、「喝采」のイメージが余りにも強烈でしたが、1992年にご主人と死別後、一切の活動を停止した後になってから、ちあきなおみの歌の世界がクローズアップされ、彼女が歌った多くの作品が再評価され、注目を浴びるようになりました。

ぼくもちあきさんの歌をYouTubeで聴くようになって、その歌の上手さに驚き、その歌の迫力に衝撃を受け、こんなに上手い歌手だったのに、どうして気付かなかったのかなあと思っています。ぼくがカラオケで歌を歌うときに、ちあきさんの歌い方はお手本の1つになっていて、歌詞を棒歌いするのではなく、歌詞に情景を入れる歌い方は特に参考にしています。ちあきさんの歌の上手さは、「朝日のあたる家」のように声量を張り上げて歌うこともできれば、「紅とんぼ」のように語るようでいてしっかりと歌うこともできる変幻自在のコントロール能力にあります。ですから、さらっと歌っても歌の上手さが光るわけですが、そんな1曲が「かなしみ模様」という曲です。

この作品は1974年9月1日にちあきさんの18枚目のシングルとして発売されました。作詞は阿久悠さん、作曲・編曲は川口真さんです。当時、1974年11月25日にシングルと同名の「かなしみ模様~新しい出逢い、そして新しい出発(たびだち)」というアルバムも発売され、全曲の歌詞を阿久悠さんが手掛け、作曲を川口真、筒美京平小林亜星猪俣公章、及川恒平の各氏が提供しました。この頃のちあきさんは「喝采」の延長線上にあるともいえる、まだ自然体なポップスを歌っていました。後年のちあきさんが演歌やニューミュージックやシャンソンやファドと、あらゆる分野の歌に挑み、強烈な作品を残していったことを考えると、ある意味「かなしみ模様」の頃は貴重な時期だったかもしれません。

1974年のNHK紅白歌合戦でちあきさんは「かなしみ模様」を歌唱しましたが、Aメロ、Bメロは語るように歌っていたと思ったら、次第に声をじわじわと盛り上げていって、サビでは訴えるように歌っていく、実にあっぱれな歌いっぷりでした。歌を終えてお辞儀をするときのちあきさんの表情がニヤリとしていて、「お客さま、私の歌はいかがでしたかしら」と問いかけているようにも思えるのです。


悲しみ模様 ちあきなおみ

Flamingo

DAM★ともで長年お互いの公開曲を聴きあっているユーザーさんが久しぶりに新しい公開曲を出してくれて、その曲が米津玄師さんの「Flamingo」という曲でした。

テレビでサビの部分をさらっと見た記憶はあったんですけど、しっかりとフルで聴くのは初めてでした。

米津さんの作品は、ご自身が歌われている「灰色と青」と「Lemon」、作品を提供された「パプリカ」ぐらいしか知らないんですが、「Flamingo」も新たな音づくりを試そうとしているんだなあと感じました。ただ、米津さんの歌って、都会の雑踏の雰囲気に合う感じもしながら、地方の高台の丘に上って、目の前に見える山並みに向かって叫ぶように歌っても、それはそれで合うのかなあとも感じました。米津さんが作品づくりの際にそういうシチュエーションだったら面白いなあと勝手に考えてます。

2018年の米津さんは、3月14日に8枚目のシングル「Lemon」を発売し、ドラマ「アンナチュラル」の主題歌となったこともあり、2018年を代表する大ヒット曲となりました。紅白歌合戦にも出場し、大塚国際美術館のホールで歌ったシーンは印象的でした。その「Lemon」のインパクトが強すぎたせいか、10月31日に発売された9枚目のシングル「Flamingo」は、年間28位のセールスは10月発売としては凄いんですが、ちょっと隠れた印象があります。

ぼくは「Lemon」ってポップスの王道に沿った曲というか、ある意味平成の歌謡曲だなあと思っていて、それに対して「Flamingo」は創作的な作品だと思います。サウンドR&Bっぽいのに、歌詞に古めかしい言葉を使ったり、2コーラス後からラストサビまでの間の歌い方は、こぶしを回した歌い方を多用したり、どことなく民謡とかフォルクローレを感じる節回しなんです。米津さんは島歌や沖縄民謡にヒントを得られたコメントがありましたが、それでも島歌に寄り過ぎることもなく、サウンドはドライにかちっと固めているのが、この作品がエッジの効いた仕上がりになっているのだと思います。

カラオケで米津さんの作品を歌っている方でものすごく多いんですよね。それにあまり興味がなくて、米津さんの作品を歌ったことはなかったんですけど、「Flamingo」は歌ってみたくなったので、試してみようと思います。


米津玄師 MV「Flamingo」

愛が信じられないなら

DAM★とものユーザーさんが歌っているのを聴いて、自分も歌ってみたくなる曲というのがありまして、令和初のカラオケでは、そういう曲を何曲か歌ってみました。その1曲が山内惠介さんの「愛が信じられないなら」という曲でした。

この曲を初めて聴いたのは昨年末の「第51回年忘れにっぽんの歌」で、山内さんが歌われているのを拝見したんですが、歌に華がある感じで、アレンジがいいなと思いました。作詞が松尾潔さんというのに驚きました。松尾さんはCHEMISTRYEXILEの作品でのR&Bのイメージしかありませんでしたから、まさか演歌の世界に入ってくるとは思いませんでした。作曲は山内さんの師匠である水森英夫さん、編曲は馬飼野俊一さんです。

ぼくが歌いたいと思う演歌歌手の方の曲は、ド演歌ではなくて、どこかにポップスの匂いを残した歌謡曲のような作品が多いです。「歌は3分間のドラマ」という言い尽くされた言葉がありますけど、歌はドラマチックであって欲しいというのが自分の好みとしてあるので、馬飼野さんのアレンジがドラマを際立たせてくれる感じがしました。それと、山内さんの曲を何曲か歌っているうちに、水森先生の独特の節回しがあるのに気付きました。特に低音の部分とか、ここは歌わないといけないんだなあっていうのが、ちょっとだけ見えてきました。

それで松尾さんがどうして山内さんの作品を手掛けることになったのかを探していたら、山内さんと松尾さんの対談記事を見つけました。山内さんと松尾さんって同郷だったんですね。それと水森先生と仕事を一緒になる機会があって、お声かけを頂いたんだそうです。松尾さんは水森さんが歌われた「たった二年と二ヶ月で」が好きな曲で、この曲の延長線上に水森さんの多くの作品が発展しているとの考えをお持ちで、水森作品への共感はあるとのことです。松尾さんが「R&Bももとはアメリカの黒人にとっての歌謡曲ですから」というのは、世界のどの国にも、国民に根付いた歌、大衆歌でも流行歌でもあるわけで、ぼくもこの対談記事を読んでいると、松尾さんの考えに共感することがいくつもありました。

演歌の作品に挑んだ松尾さんの気持ちは、「今までパン食だった人間が初めてごはんにトライする感じ」だったそうです。一方、水森さんや山内さんもどんな作品ができあがるのかと、その化学反応に興味津々だったそうです。この作品ができたとき、山内さんは「和からでた洋だ」と思い、「来た!」と嬉しかったそうです。

日本の歌謡曲は、演歌だ、ロックだ、ポップスだ、アイドルだと細かすぎる分類を繰り返した結果、世代を問わず誰もが知っている歌というのが非常に少なくなってしまったと思っていて、そういう歌の最新曲はおそらく、SMAPの「世界に一つだけの花」だと思ってます。いま一度、「流行歌」という一括りの中に日本の歌が集まって、演歌とR&Bのクロスオーバーのような作品づくりをしていくなかで、令和の時代の歌も生まれてくるような気がします。


愛が信じられないなら 山内恵介

Ride on time

平成31年4月30日から令和元年5月1日への「元号またぎ」は、AbemaTVで放送していた「7.2新しい別の窓」を見ていました。稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが「平成名曲ライブ」で、平成元年から平成31年までのヒット曲を次々と歌われていて、1曲聴くたびに、何となくその当時を思い出すことがあったりして、ぼくなりの平成の振り返りをちょっとしてみました。

さて、「平成名曲ライブ」では、MAXが登場し、平成10年(1998年)のヒット曲「Ride on time」を披露しました。歌って踊るMAXを久々に見ると、1990年代の音楽シーンって色々な音楽で賑わっていて、今よりも面白かったなあと思いました。


MAX Ride on time 1998

この作品は1998年7月22日にMAXの10枚目のシングルとして発売されました。作詞は松井五郎さん、作曲・編曲は横山輝一さんです。最近のぼくの中では、竹島宏さんや山内惠介さんの作品への提供でお見かけする松井先生ですけど、1998年のMAXは、9枚目のシングル「閃光ーひかりーのVEIL」、「Ride on time」、11枚目のシングルのC/W曲「Grace of my heart」と松井さんと横山さんによるシングルが続きました。MAXはこの年にNHK紅白歌合戦に2回目の出場を果たし、人気グループとしての地歩を固めることができたと思います。

横山輝一さんというと、1993年にヒットした「Lovin’ You」の爽やかで、超絶な歌の上手さの印象が強いんですが、何となくMAXや横山さんの動画をチェックしている中で、横山さんがセルフカバーした「Ride on time」を見つけてしまいました。


Ride On Time 横山輝一

ダンサブルなMAXも楽しくて盛り上がりますけど、横山さんのカバーはもっとラテンっぽい感じで、かっこいい仕上がりになっていて、これって貴重な音源だなあと思いました。「Ride on time」って男が歌ってもいい感じになるのかなと思って、令和最初のカラオケでさっそく歌ってみました。

1990年代にヒット曲を出した横山さんのような男性アーティストって多くいらっしゃって、今から20年以上前のヒット曲なんですけど、その当時はチャートの壁が厚くて、最高15位~25位ぐらいにとどまってしまった曲も多かったです。でも今でも作品の質は色褪せてないというか、今リリースしたらもっと売れたんじゃないのかなと思ったりもするわけです。そういうアーティストの作品をもっとfeatureしてみようかなと思いました。

冬の旅

昭和の流行歌は、今もなお日本のポップス・ロック・演歌・歌謡曲のバックボーンであり続けていると思います。平成の時代にも多くのヒット曲が生まれ、音楽の表現方法も広がったと思います。ただ、音楽が洗練されたにもかかわらず、何か物足りなさを感じることがあり、それは何なんだろうかと考えていたら、その1つはストレートに魂を揺さぶる歌手が少なくなったのかなと感じました。日本の歌謡界の中でトップレベルのソウル・シンガーだと思うのが森進一さんです。若い世代の方には、ONE OK ROCKのTaka(森内貴寛)さんのお父さんといった方がわかりやすいかもしれません。

NHK紅白歌合戦に1968年から2015年まで48回連続出場をしており、演歌歌手の大御所であることに異論はありませんけど、森さん自身は演歌歌手と呼ばれるのは好きではなく、「自分は流行歌手である」と言っています。事実、いわゆる演歌のヒット曲だけではなく、1974年に吉田拓郎さんが作曲を提供した「襟裳岬」は同年の日本レコード大賞を受賞しましたし、1982年に松本隆さんが作詞を、大瀧詠一さんが作曲を提供した「冬のリヴィエラ」もヒットし、ポップスそのものなんですけど、見事におしゃれな作品に仕上げているのは、森さんの歌唱力の技巧の高さにあるのだと思います。

森さんのシャウト歌唱って、演歌じゃなくて、ロックだと思うんです。歌が本当に上手い方は、レコードやCDよりも生歌の方が歌に魂が宿っていると感じます。特に初期の森さんがレコード大賞や紅白で歌うとなると、通常以上に迫力ある歌唱に切り替えてくるんです。YouTubeで当時の動画を見ると、憑依を半ば超えて狂信の世界に敢えて入って歌っている感じさえします。この人の息子さんのTakaさん、歌上手いの当たり前だよねって思います。

ぼくが最近聴いていて、DAM★ともでもチャレンジしているのは「冬の旅」という曲です。作詞は阿久悠さん、作曲は猪俣公章さん、編曲は森岡賢一郎さんです。1973年10月10日に森さんの28枚目のシングルとして発売されました。オリコンでは最高3位、1974年度の年間23位に入る大ヒット曲なんですが、他の有名すぎる大ヒット曲の影に隠れています。森さんがサビの「もうあなたのところへは 帰らないだろう」のところで、デビュー以来初めて手の振り付けを入れた曲でもあります。AメローBメロが語るように歌っているのに対し、サビはシャウトしまくった後に、締めは「雪の降る町へ」と再び静かに歌い締めるという、森進一節を堪能できる1曲であると思います。

森進一さんは歌手の最高峰の人という思いが強くて、その森さんの作品をカラオケで歌うのは、世代的に合わないこともあって敬遠してきました。でも「冬の旅」を歌ってみると、森さんのソウルが感じられますし、それとやっぱり歌って難しいです。サビの後半の「ひとり ひとり 旅にたつ」まで声を維持するのが難しいです。

冬の旅はNHK紅白歌合戦では1973年と1998年の2回歌唱されました。1973年の森さんはまだ荒削りながらも、迫力ある歌唱を披露しています。なんと当時26才でこんなに上手い歌が歌えるなんて凄いです。1998年の森さんは歌唱力もテクニックも最盛期にある頃で、歌の迫力も一段と増しています。平成の終わりに昭和の歌もしっくりきます。


冬の旅 森進一 Mori Shin ichi

聖なる海とサンシャイン

2008年12月からDAM★ともをやっていると、前はよく歌ってたのに、今は歌ってなかったアーティストの曲って結構あります。今週はTHE YELLOW MONKEYイエモンの曲を久しぶりに歌って、DAM★ともに2曲公開しました。1曲は「BURN」でしたが、もう1曲は「聖なる海とサンシャイン」という曲でした。

この作品は2000年1月26日に彼らの20枚目のシングルとして発売されました。1999年3月のツアー後、イエモンは休養期間に入り、初めて外部のプロデューサーとのコラボレーションを行いました。この作品と「バラ色の日々」は編曲を朝本浩文さんが手掛けました。朝本さんというとUAさんやSILVAさんのプロデューサーの印象が強くて、UAさんの「悲しみジョニー」は好きですけど、あの妖艶なアレンジをイエモンの作品でも提供されていたとは、今回調べるまで知りませんでしたが、改めて「バラ色の日々」や「聖なる海とサンシャイン」を聴くと、確かにそんな感じだと納得します。自転車事故で転倒したのが原因で若くして亡くなられたのが今でも残念です。

吉井さんは休養明けのシングルは「聖なる海とサンシャイン」にしたかったんですが、スタッフから「休養明けにしては地味」「もっとパッとした曲の方がプレゼンしやすい」との意見が出て、アップテンポな「バラ色の日々」が19枚目のシングルとして1999年12月8日に発売されました。リリースっていろんな事情があるんだなと思います。

ぼくはこの作品に接したのは、DAM★ともイエモンの曲を歌おうかなと、彼らのベスト・アルバム「GOLDEN YEARS Singles 1996-2001」を買って、この作品は9曲目に収録されていました。イエモンの一連のヒット曲とはやや異なる雰囲気を感じたのと、雄大なスケールを感じて、歌ってみたら、思った以上に歌いがいのある曲でした。

歌詞がどこのフレーズを切り取ってもビンビンと響いて来るものがありました。1番の「海の果ての果てに君を連れて 銀の砂浜でこの胸に引き金引かなきゃ」なんてシーンがドラマチックに思えました。ぼくは「聖なる海とサンシャイン」をDAM★ともに公開しようかなとしてたときに起きたのが、2011年3月11日の東日本大震災でした。あの後2ヶ月ぐらいカラオケには行く気になりませんでしたけど、再開してカラオケに行ったとき、この歌を歌うことができなかったんです。

2番の歌詞に「人が海に戻ろうと流すのが涙なら 抑えようないね それじゃ何を信じあおうか… 海の果ての果てで恋も欲望も 波のように砕け散って幻になれば」という一節があって、本来の歌詞の意味とは勿論違うんですけど、震災の被害の映像を数多く見ていたせいもあって、歌う気にはなれず、それから何となく歌わなくなっていました。今週その封印を解いて歌えたことが良かったです。全然地味じゃないし、インパクトのある曲だと思います。


THE YELLOW MONKEY – 聖なる海とサンシャイン