DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

最愛

ぼくがDAM★ともでお気に入りにしているアーティストの福山雅治さん。福山さんの作品はシングル曲以外でも歌うことが多いですが、その1曲が「最愛」という曲です。

この作品は2009年6月30日に発売された、福山さんの10枚目のオリジナル・アルバム「残響」の中に収録されました。2008年10月1日に「KOH+(コウプラス)」という、柴咲コウさんと福山さんのユニットで「最愛」をシングル発売していますので、そのセルフカバーと言えるかもしれません。

福山さんのPVでは愛するご主人を亡くしたおばあさんが、ご主人への愛する思いを募らせているシーンが描かれています。そのご主人役は若い福山さんなんですが。コーヒを入れたカップを自分の分ともう1つ、テーブルに置いて、正面を見つめたり。2人で踊っているかのように、部屋でダンスを踊ってみたり。ベランダに出て、星空を一緒に眺めていたり。過ぎ去りし愛の日々は、甘くそして切ない気がします。

福山さんが書いた歌詞も、今まで歌っていた時はそれほど深くは感じていませんでしたが、一節一節をいま読むと、グッと来る気持ちになりました。
「夢のような人だから 夢のように消えるのです
 その定めを知りながら 捲られてきた季節のページ
 落ちては溶ける粉雪みたい 止まらない想い」
「初めてでした これまでの日々 間違ってないと思えたこと
 陽だまりみたいな その笑顔 生きる道を照らしてくれました
 心の雨に傘をくれたのは あなたひとりだった…」

「愛さなくていいから 遠くで見守ってて 強がってるんだよ
 でも繋がってたいんだよ あなたがまだ好きだから」
「もっと泣けばよかった もっと笑えばよかったのかな バカだなって言ってよ
 気にするなって言ってよ あなたにただ逢いたくて」

今度、DAM★ともで歌うときは、今までと歌うときの気持ちが変わるだろうなと思いました。愛し合う心はどこにいたとしても永遠に繋がっていると思います。


福山雅治 最愛 PV

 

広告を非表示にする

怨み節

2015年8月8日にNHKで放送された「第47回思い出のメロディー」。懐メロ番組なんですが、「夏の紅白」と言われるだけあり、出演者は豪華な顔ぶれです。この年は北島三郎さんが司会を務めたほか、田原俊彦さんが華麗なステージで「ごめんよ涙」と「抱きしめてTONIGHT」の2曲を披露、高田みづえさんが1日限りの復活で「硝子坂」と「私はピアノ」の2曲を変わらぬ歌声で披露するなど、話題も盛りだくさんでしたが、ぼくが最も強い印象を持ったのが、梶芽衣子さんが歌った「怨み節」という歌でした。

この作品は1972年に梶さんが主演した映画「女囚さそり」シリーズの挿入歌として発売され、1973年3月には最高6位となるヒット曲となりました。この映画は海外でも公開され、映画監督のクエンティン・タランティーノ(Quentin Tarantino)さんは梶さんにゾッコン惚れたらしく、2003年に彼が制作し公開となった映画「キル・ビル」(Kill Bill)の「vol.1」では、梶さんが歌った「修羅の花」を挿入歌に、「怨み節」をエンディング・ソングに起用しました。梶さんの映画を知らない世代の人たちから、「あの歌は誰が歌ったのか」と反響になったそうです。

ぼくはこういう経緯も知らず、思い出のメロディーで怨み節を歌う梶さんの凛とした立ち振る舞いを見て、「この人カッコいい」と思いました。歌詞は1番から6番まであり、楽曲はいわゆる「数え唄」のようなもので、任侠映画の主題歌でもよくあります。

 花よ 綺麗と おだてられ 咲いてみせれば すぐ散らされる
 馬鹿な バカな 馬鹿な女の 怨み節

梶さんは、「馬鹿な」は音階どおりに歌いますが、「バカな」はセリフのようにつぶやいて、その一瞬の一言がさすが女優だなと思わせてくれました。

Youtubeを見ていて驚いたのが、外国人の女性も、そして外国人の男性も、この「怨み節」を歌っているんです。「馬鹿な バカな」のところも忠実に再現しています。どこで「怨み節」を知って、気に入ってしまったんでしょうか。

ぼくたちが外国人アーティストの曲をかっこつけて歌っていても、当の外国人から見れば、「この日本人、ヘンテコな歌歌ってるよ」と思われているのと一緒かもですね。


Japanese Songs - Urami Bushi (怨み節) - By Meiko Kaji (梶 芽衣子) + Lyrics + translation in Subs


Urami Bushi- Fabiola Simac (Meiko Kaji -cover)


Music Idol Bulgaria - Stefan - Urami bushi

広告を非表示にする

俺たちに明日はある

DAM★ともでぼくがお気に入りにしているアーティストのSMAP。今朝、SMAP稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんがジャニーズ事務所との契約を更新せず、退所することが発表されました。昨年1月の解散騒動以降、契約を1年更新した頃から、いずれジャニーズを離れることはわかっていましたので、今回の退所発表も既定路線の1つに過ぎないと思います。

そんな彼らの新たな芸能活動に向けて、思い出した曲が「俺たちに明日はある」です。この作品は1995年11月11日にSMAPの19枚目のシングルとして発売されました。SMAPの作品の中ではワイルドなナンバーです。

「一度きりの人生だから 当たり砕け散ったかけら達 抱きしめ今夜は眠ろう」
「時代遅れのオンボロに乗り込んでいるのさ だけど降りられない 転がるように生きてゆくだけ」
「陽が昇ればやり直せるさ 照れや弱さ全部承知だよ この世にお見舞いしてやれ」

この歌詞のように、デビュー直後なかなか上手くいかなかった活動を、今までのアイドルがやらなかったバラエティーにも挑戦して、徐々に知名度を上げていき、そのうちに単なるアイドルではない、日本を代表するエンターテイナーに成長したSMAP

干されるなんてことは、きっとないと思っています。むしろ、事務所に最大限の貢献をしたタレントを、自分の好き嫌いだけで潰した事務所の経営者の一連の行動は、事務所の経営そのものを揺るがそうとしているように思います。エンターテイメントは一般大衆からの人気なくしては成り立ちません。エンターテイメントを潰すような経営者に従っているタレントの映画やドラマの成績が今一つなのも道理ではないかと思います。


SMAP [俺たちに明日はある](SMAP ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』収録曲)[カラオケ練習用メロディ(歌詞付きフル)]

 

むさし野詩人

ぼくがDAM★ともでお気に入りのアーティストにしている野口五郎さん。子供の頃は野口さんの作品には関心がなかったんですが、DAM★ともでいろいろな曲を歌っていく中で、初めてめぐり会った曲もあり、「むさし野詩人」もそんな1曲です。

この作品は1977年1月15日にシングルとして発売されました。作詞は松本隆さん、作曲は野口五郎さんの実兄である佐藤寛さんです。歌のテーマとしては地味なんですが、オリコンでも最高2位となり、1977年の年間チャートでも33位となる大ヒットとなりました。

松本さんが書いた歌詞の世界は、情景が目に浮かんできます。「繁華街から 静かな道へ あなたの涙 たどって行くよ 灯りの浮かぶ 公衆電話 今はあなたの 影も見えない」と、ぼくも「むさし野公園」に歩いて入っていくような錯覚を感じます。でも、たどったのは彼女の涙ではなくて、主人公の涙なんだと思います。電話で長話するときは、公衆電話のある場所に行って、小銭をたくさん用意して、ゆっくり相手と話してたことを思い出しました。今はスマホの時代、こういう歌詞は出てこないでしょうね。

「20才(はたち)の春は はかなくて 生きてる事は 哀しい詩(うた)だ 15行目から 恋をして 20行目で 終ったよ」と、失恋したら凹みますけど、これだけ読むと、15才で恋に落ちて、20才で別れたって、1年は1行分だけなのかと突っ込みたくもなりますが、こういう歌詞はほとんど見たことがありません。

一方、佐藤寛さんのサウンドは、イントロのギターチューンがかっこよく始まって、畳みかけるようなアレンジが、「むさし野詩人」の籠った気持ちをうまく表現しているように思いました。筒美京平さんほど難解なメロディーではありませんけど、サビの部分は結構続けて高音で歌わせるようにしています。野口五郎さんの作品は、歌詞も楽曲もちょっと捻っているところが今聴いてみると新鮮に感じられますし、カラオケで歌うと歌いがいがあるなあと思います。


野口五郎 むさし野詩人 1977

広告を非表示にする

月光花

カラオケに行くとたまに、隣の部屋の人の歌声が何となく聞こえてくることがあります。その曲のアーティストになりきった感じの歌い方だったりすることもあって、大体B'zとかEXILEが多いですが、一時期はJanne Da Arcも多かったです。それで思い出したのがJanne Da Arcの「月光花」という曲です。

この作品は2004年10月から放送されたテレビアニメ「ブラック・ジャック」のオープニング曲として起用され、2005年1月19日に23枚目のシングルとして発売されました。オリコンでの順位もこれまでで最高の2位となり、また25週にわたってチャートにとどまったこともあり、オリコンの2005年度の年間22位となる大ヒットとなり、彼らの代表作の1つとなっています。

Janne Da Arcのシングルの大半はボーカルのyasuさんが作詞・作曲を手掛けています。ロックをベースにしていますけど、作品によってハード・ロックなものからポップ・ロックまで作っている感じがしました。ぼくも「月光花」でJanne Da Arcを初めて知ったくちだったんですが、彼らのパフォーマンスを見て意外に思ったのは、ヴィジュアル系ロックバンドを自称していながら、すでにメイクをしていなかったこと、そしてバンドの演奏が意外にかちっとしていたこと、またyasuさんのボーカルが歌謡曲の歌手のようにしっかりと歌っていたこと、だからJanne Da Arcという派手そうな名前とは違って、地味でクールなバンドだなというのがぼくの印象でした。

そして、「月光花」を聴いて、これは平成の歌謡曲だなと思いました。歌詞は「ブラック・ジャック」を念頭に書かれたんだと思いますが、別れた君を思う主人公の思いを、強い言葉は使わないけど、そのはかなさや悲しさがひしひしと伝わってきます。サウンドは、起承転結できれいにまとまっているので、歌う者としては歌いやすいメロディーになっています。

ただし、「月光花」の世界は、yasuさんの綺麗な声と歌唱力だからこそ、聴く人たちに伝わるのだろうと思います。日本のロックを「歌謡ロック」と揶揄する人たちもいますけど、逆にこれが日本の音楽の持ち味じゃないかなと思います。「月の光」や「花」っていうのは、それこそ万葉集の頃から平安の貴族たちが歌を詠んでいるテーマで、日本人にとっては切り離せないテーマです。そういうテーマを現代の音楽と融合することで、また新しい芸術が生まれていくものだと思います。

ぼくはJanne Da Arcの曲は、キーが高すぎてちょっと歌えません。隣の部屋で「ダイヤモンドヴァージン」を歌ってたジャンヌ君の声、かっこよかったです。


月光花 Janne Da Arc YouTube

広告を非表示にする

カナリヤ

プロフェッショナル・キャリア・カウンセラーとして活躍されている坪田まり子さん。彼女は1979年から1985年頃まで「倉田まり子」の芸名で歌手として活躍されていました。倉田さんは17枚のシングルを発表されましたが、ぼくが印象に残っているのは、1982年3月に11枚目のシングルとして発売された「カナリヤ」という作品です。

作詞・作曲は松宮恭子さんで、高田みづえさんの「涙のジルバ」や河合奈保子さんの「愛をください」など、地味なんだけどよくまとまっている作品、大ヒットまではいかないんですがそこそこヒットする作品を提供されていた方です。編曲は高田弘さんで、歌謡曲やアニメを中心に多くのアーティストの編曲を提供された方で、ちあきなおみさんの「喝采」、西城秀樹さんの「恋する季節」、野口五郎さんの「グッド・ラック」、とんねるずの「雨の西麻布」、柏原芳恵さんの「あの場所から」など多数の作品を手掛けています。

「カナリヤ」は、作品としては歌詞も楽曲もしっかりとまとまっていて、動画を見た方がコメントされていましたが、高田みづえさんや柏原芳恵さんが歌いそうな作品です。倉田さんは持ち味の伸びやかな歌唱力で、きれいにこの作品を歌っていたと思います。残念ながら、ヒットはしませんでしたが、今聴いても、地味だけど心に残るいい作品だと思います。

皆さんもご存じのように彼女は、1985年にあった投資ジャーナル事件に巻き込まれたことを契機に、芸能人をやむなく引退されました。しかし、彼女は聡明な方だったようで、その後はLECの講師として活躍するようになり、独立して現在のプロフェッショナル・キャリア・カウンセラーとして、企業や学生への研修・講演などをされているようです。芸能人が引退して次の人生に進むときに、彼女の「魅せ方・話し方・伝え方」を伝授するという今の仕事は、芸能人としての経験を上手に活かせる職業に就かれたんだなと思いましたし、自らの人生を切り開かれたことに敬意を表したいと思います。

何でこんなことを書くかというと、成宮さん、山本裕典さん、小出さんと、芸能活動を停止してしまう役者が続いているからなんですが、彼らはこの先自分の人生を切り開けるのかなと思ったときに、倉田まり子さんの事を思い出した次第です。


倉田まり子 カナリヤ

広告を非表示にする

DAM★ともでは月曜日から金曜日までの毎日、ユーザーさんが歌った非常に多くの曲が公開されています。録音:動画=13:2ぐらいかなと思います。その中から聴きたいと思った曲を聴いていますが、最近ぼくが聴くことが多かったのがスピッツの「楓」という作品です。

この作品はスピッツの19枚目のシングルとして、1998年7月7日に発売されました。作詞・作曲はボーカルの草野正宗さんがされています。スピッツの作品は好きですけど、ぼくがDAM★ともではあまり歌わないアーティストです。草野さんの高音についていけないというのもありますけど、草野さんの透明感があるけど、どこか乾いていて、少しせつない感じの歌声を聴いていた方が心地よいです。

ぼくのスピッツの音楽のイメージの1つは、ちょうど今の時期、初夏から夏場にかけて、キラキラ光る海の見える道路をドライブしているイメージがあります。「青い車」のイメージですけど、スピッツの描く夏は、サザンオールスターズやTUBEが描くギラギラ感とは違います。松任谷由実さんが自分の描く夏を「リゾート地の夏。決して日焼けはしない」というニュアンスで言われていましたが、ギラギラとリゾートの中間ぐらいがぼくのスピッツのイメージです。そして、もう1つのスピッツの音楽のイメージは、やさしくて、でも切なくて、そして寂しくなって、泣いてしまうというものです。スピッツの歌を聴いていて、聴いた後泣いてしまったというコメントをネットで見たりしますが、草野さんのボーカルが歌詞の主人公の世界を如実に表現されているからなんだろうと思います。歌い方はしつこくはなくて淡々と、でも声の奥に芯の強いところが感じられて、また透明感のある声にやさしさが感じられる、意外に色々な特徴が出ているんだなあと思います。

「楓」の歌詞も実に切ないです。歌詞の解釈は色々あるらしいんですが、付き合っていた女性との思い出、そして別れ、それぞれの道へ歩いていく2人、という感じです。「さよなら 君の声を 抱いて歩いていく ああ 僕のままで どこまで届くだろう」という一節は深く感じられます。色々な人と出会って、色々なことを話して、笑って、泣いて、そのときの言葉を今のぼくはどれだけ思い出せるのかなと思いました。なんか哲学的です。ところで、「楓」の歌詞には、「楓」という言葉が出てきません。「楓」の花言葉を調べてみたら、「大切な思い出」でした。

この作品はセールス的には最高10位と、他の作品に比べてあまり売れなかったんですが、「楓」をカバーするアーティストは非常に多くて、辛島美登里さん、松任谷由実さん、クリス・ハートさんもカバーされています。


スピッツ / 楓

広告を非表示にする