DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

誰よりも君を愛す

平成元年(1989)年の第40回NHK紅白歌合戦では、従来の放送時間(21:00~23:45)を拡大し、19:20~20:55は「昭和の紅白」と題して、紅組からは織井茂子雪村いづみ松山恵子ペギー葉山ピンク・レディー松尾和子和田弘とマヒナスターズ都はるみの7組が、白組からは田端義夫、春日八郎、村田英雄、ザ・タイガース三波春夫千昌夫藤山一郎の7組が出場し、名曲やヒットメドレーを披露しました。この人選は昭和の流行歌をジャンルや活躍した時代を考慮して、バランス良く選んだ感じがします。和田弘とマヒナスターズは、いわゆる「ムード歌謡」というジャンルを作ったパイオニアのグループで、松尾和子さんとのデュエットによる「誰よりも君を愛す」は、1960年の第2回日本レコード大賞を受賞しました。

ムード歌謡の源流はハワイアン音楽であると言われています。1933年にホノルル出身の日系2世であるバッキー白片さんが来日しハワイアン音楽の普及を行ったり、戦後のアメリカ兵が持ち込んだハワイアンが広まり、ハワイアンを歌う日本人のバンドやソロ歌手が次々と誕生していきました。和田弘さんが演奏しているスティール・ギターはハワイアンを演奏するのに欠かせないハワイの楽器で、ウクレレと共にハワイの雰囲気を醸しだす音色です。また、ファルセットもハワイアンには欠かせない歌唱法であり、マヒナスターズでは佐々木敢一さんのファルセットは個性的でありました。そして、マヒナスターズはメンバー5人のコーラスが音に厚みを増していました。日本人にはハワイアンのサウンドは、どこか物悲しさを感じると受け止めたため、バンドがライブを行っていたナイトクラブやキャバレーの世界と相俟って、夜の世界の男と女の恋模様を舞台にした「ムード歌謡」へと変換されてしまうわけです。

懐メロ番組を見始めた頃から、マヒナスターズが歌う世界は、その時代を知らない者にとっても、個性的な歌の世界を作っているなあと感じました。DAM★ともでセルフコラボをやろうと思ったら、商標権の問題で録音ができないことになっていて、残念でした。


誰よりも君を愛す ♪松尾和子・和田弘とマヒナスターズ

強い気持ち・強い愛

DAM★ともでぼくがよく聴いているユーザーさんが先日、小沢健二さんの曲を公開していました。小沢さんは昨年、久しぶりにミュージックステーションで歌を披露し音楽活動を再開されましたが、1994年頃から1996年頃までの「オザケン」は個性的な活躍をされていました。小沢さんの作品の中で記憶に残っている曲の1つが「強い気持ち・強い愛」という曲でした。

この作品は1995年2月28日に小沢さんの7枚目のシングルとして発売されました。作詞は小沢さん、作曲は筒美京平さん、編曲は小沢さんと筒美さんの共作となっています。オザケンの音楽の作風というと、ヒップホップグループのスチャダラパーとのコラボで発売した「今夜はブギ―バック」とか、あるいは「ラブリー」や「痛快ウキウキ通り」のような、自然体で伸び伸びと好きに歌っている小沢さんの歌う姿だったりするわけですが、「強い気持ち・強い愛」のサウンドはどこか毛色が違う仕事ぶりと思っていたら筒美先生だったんですね。サウンドは売れる曲を目指してカチッと作ってますし。歌詞は都会の中で刹那に生きている若い男女が夜を彷徨っているなかで、「強い気持ち 強い愛 心をギュッとつなぐ 幾つの悲しみも残らず捧げあう 今のこの気持ちほんとだよね」とお互いの気持ちを確かめあうみたいな内容で、「渋谷系」といわれたとおり、当時の渋谷の夜の賑わいはこんな感じだったかなあと振り返っています。この作品のカップリング曲となった「それはちょっと」も筒美さんの作曲で、当初は「それはちょっと」をタイトル曲にする予定だったのが、小沢さん自身が次第に「強い気持ち・強い愛」への思いが高まって、タイトル曲になったそうです。

小沢さんの当時の映像を見ると、結構声量があって、マイクを割と離して歌ってたんですね。アイドルでもなく、大手の芸能事務所にいたわけでもないので、自由にファンキーにはじけて歌っているというのが、今となっては新鮮に映ります。「渋谷系音楽」っていうのは特にそういう音楽があったわけではなく、ちょっと知的で、ファッションセンスが高いアーティストたちが、都会の生活をテーマにした音楽を歌っていたのを、雰囲気として総称していたのかなと思います。ニュー・ミュージックの系譜を継いだ音楽なのかなとも思います。


強い気持ち 強い愛 小沢健二

少年よ

日本の歌謡界の男性ボーカリストとして長年活躍し、今も高い歌唱力を維持している布施明さん。布施さんのヒット曲は多数ありますが、21世紀に入ってからのヒット曲が「少年よ」という曲でした。

この作品は2005年3月24日に布施さんのシングルとして発売され、特撮ドラマの平成仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー響鬼」の主題歌にも起用されました。作詞の藤林聖子さんは特撮ドラマの主題歌を多数提供されました。歌詞については、布施さんからの「自分の生き方を見つけろ」というメッセージが込められていて、それは歌詞の最後の「誰でもない自分の 生き方で それが君の響き」の一節だと思います。作曲の佐橋俊彦さんも特撮ドラマの音楽を多数作られていますが、他にも映画音楽やミュージカルなど幅広い音楽活動をされています。布施さんについては、「君は薔薇より美しい」のファンということもあり、布施さんの声をイメージして作曲されたそうです。

だからかもしれませんが、布施さんにとっては自身の歌唱力を発揮できる作品にめぐり逢い、久々のヒット曲となりました。スケールの大きな歌で、歌いがいがある作品だと思います。

2005年の紅白歌合戦で布施さんは「少年よ」を歌唱されましたが、この時はステージでは布施さんの後方で「仮面ライダー響鬼」に登場した響鬼威吹鬼轟鬼が登場し、JAEの皆さんの殺陣が披露された後、最後に響鬼役の細川茂樹さんが登場し、布施さんと握手するという、圧巻のいい演出でした。民放番組のキャラクターをこの時だけは呼んでしまうのが紅白ならではのパワーであり、醍醐味でもありました。


Kamen Rider Hibiki "Shounen Yo"

楽園のdoor

作詞家や作曲家がアーティストに提供した作品を、自らが歌って作品として発表することを「セルフカバー」と言っています。先日、DAM★ともでユーザーさんの公開曲を聴いていたら、来生たかおさんの「楽園のdoor」を歌っているのを聴きました。南野陽子さんの大ヒット曲ということぐらいしか知らずに聴いていて、何かこのアンニュイな雰囲気はまさか…と思ったら、この作品の作曲家が来生たかおさんだったんですね。

この作品は1987年1月10日に南野さんの6枚目のシングルとして発売されました。彼女の主演映画「スケバン刑事」の主題歌となり、デビュー以来初めてオリコンで1位を取りました。作詞は小倉めぐみさんで、後にSMAPの「がんばりましょう」の歌詞を提供された方です。デビューからの作品を聴いていると、当時の事務所が南野陽子に求めたアイドル歌手像というのが決められていたようで、どの作品も底流は同じ感じがします。来生たかおさんは2枚目のシングル「さよならのめまい」を、作詞の来生えつこさんと共に提供し、来生えつこさんは3枚目の「悲しみモニュメント」を続いて提供しました。南野さんは「さよならのめまい」でベスト20入りを果たし、「悲しみモニュメント」で初のベスト10入りを果たします。「楽園のdoor」は南野さんの歌声と作品がやっと1つに調和したような感じで、前作までの作品にあったどことなくまとまっていないぼやけた感じが解消されたように感じました。

さて、自分の提供した作品が大ヒットすると、来生たかおさんは他のアーティスト同様セルフカバーをするわけですが、提供した歌手の作品のイメージには触れないようにしながらも、独自の味付けをした歌の世界を表現してしまうところがあるなあと思います。薬師丸ひろ子さんの「セーラー服と機関銃」を、「夢の途中」とタイトルを変えてまで大ヒットさせたのがその典型です。大橋純子さんの「シルエット・ロマンス」も、「茜色のシルエット」あたりの節回しを違えて、大橋さんとは違うアンニュイな世界を作り上げた歌にしています。「楽園のdoor」も、南野さんの曲は、デビュー以来編曲を手掛けている萩田光雄さんが、南野さんのイメージに即したテンポでまとめているのに対し、来生さんのセルフカバーは清水信之さんが編曲をされましたが、歌詞は結構壮大な感じの中で、女の子がけなげに生きる道を進んでいく内容ですが、来生さんが歌うと男女の性別は超えたところで、メロウな大人の生きざまを語る歌に味付けされていて何とも渋い感じがします。来生さんは「楽園のdoor」は好きな曲なんだそうです。


来生たかお 「楽園のDoor」

 

愛されるより愛したい

DAM★ともでは、他のユーザーさんの元歌に、自分の歌をかぶせることを「コラボ」と言っています。ぼくもそういうコラボの素材に乗っかって、自分の歌を足したものを公開することがありますが、一番多いのはKinki Kidsの曲で、その中でも多いのは「愛されるより愛したい」という曲です。

この作品は1997年11月12日に彼らの2枚目のシングルとして発売されました。作詞は森浩美さん、作曲は馬飼野康二さん、編曲はCHOKKAKUさんです。デビューシングルの「硝子の少年」は作詞が松本隆さん、作曲が山下達郎さんを起用したわけですが、「愛されるより愛したい」では、ジャニーズに縁の深い作家を集めたという感じで、森さんとCHOKKAKUさんはSMAPの作品を数多く提供していましたし、馬飼野さんは元々仕事が幅広い方ですが、ジャニーズの場合でも田原俊彦さん、近藤真彦さん、シブがき隊、少年隊への作品を数多く提供していました。この作品は当時の彼らの主演ドラマ「ぼくらの勇気 未満都市」の主題歌ということもあり、作詞の森さんはドラマのイメージも考慮して作ったそうですが、なかなかプロデューサーのOKが出ず苦労したそうです。当初のタイトルは「青春の光」だったそうですが、KinKiの2人に反対されて今のタイトルになったそうです。それで良かったと思います。「愛されるより愛したい」っていうタイトルが親しまれて、その後も歌われていくっていうのはあると思います。

「硝子の少年」がかちっとした作品であるのに対して、「愛されるより愛したい」は剛さんと光一さんがキャッチボールのように歌と踊りで呼応しあい、そしてユニゾンで調和するという、KinKi Kidsらしさを作り上げた作品だと思います。その後の「堂本兄弟」に宝塚歌劇団の方が出演されたとき、内輪の宴会では、「愛されるより愛したい」を歌って踊るというのが多かったというエピソードを披露してましたが、歌と踊りのバランスが取れて、疾走感のあるサウンドはヒットには欠かせない要素だと思います。

ぼくは、この作品は歌いやすくて、自分でもセルフコラボしたこともありますし、他のユーザーさんの歌にコラボしたことも何回かありました。剛さんパートも光一さんパートもこの作品はそれほど差がありませんが、他のKinkiの作品だと、ぼくはどちらかというと剛さんパートが多いです。

ご本人たちの映像がないので、Kinkiを歌うyoutuberさんの映像で。いつも思うんですが、右の人の声は剛さんに似てますね。


KinKi Kids 愛されるより愛したい

帰らんちゃよか

ある人が歌い始めた歌を、他の人が歌って世に知られるようになり、その歌を聴いた別の人がまた歌ってもっと多くの人に愛されるようになるということがあります。「帰らんちゃよか」という歌もそういう1曲だと思います。

この作品は1995年に歌手の関島秀樹さんが、ご自身の両親をモチーフにして作詞・作曲した「生きたらよか」という作品を作ったのがオリジナルです。その後、「肥後にわか」で名を馳せた芸人のばってん荒川さんが、1996年に芸能生活40周年記念ベストアルバム「生きたらよか」に、この作品を、歌のタイトルを「帰らんちゃよか」と変えた上で収録しました。ばってんさんにとっては「帰らんちゃよか」を歌うことは新たなジャンルへの挑戦でしたが、発売当時から好評だったそうです。そして、このばってんさんの歌を聴いて感銘したという演歌歌手の島津亜矢さんが、ばってんさんに「歌わせてください」と頼んだところ、「お前ならよかたい!大切に歌わなんぞ!」と快諾され、2004年にシングルとしてリリースされました。島津さんもパワフルな歌唱力を持つ歌手であることは知っていましたが、なかなかヒット曲に恵まれませんでした。「帰らんちゃよか」はヒット曲というわけではありませんが、多くの場所で歌うことによって作品の良さが浸透し、2015年のNHK紅白歌合戦に14年ぶり2回目の出場を果たし、この「帰らんちゃよか」を歌唱しました。その後、反響があったのは聞きましたが、1コーラスとサビで終わらせる紅白制作陣のセンスのなさは残念に思いました。

「帰らんちゃよか」とは熊本弁で「帰らなくていいよ」という意味だそうです。都会へ行った子供に対し、親のことは心配しなくていいから、自分のやりたいことをやれと励ます歌詞なので、2コーラスをフルで歌わないと話が通らない歌なんです。関島さんもばってんさんも島津さんも熊本のご出身です。ぼくは熊本弁はわかりませんけど、子供を思う親の気持ちっていうのは歌を聴いてて十分伝わりました。

同じ舞台でばってんさんが「帰らんちゃよか」を歌われた後、島津さん「帰らんちゃよか」を歌うという共演の映像がありました。


【帰らんちゃよか】 ばってん荒川/島津亜矢

ばってんさんの歌や仕草や立ち振る舞いは至芸の域に達していて、歌や芸はこうやってお客さまに伝えるものだということを、後を受け継ぐ島津さんに身をもって示しているようでした。歌の引継というのが表だって見れるのも珍しいことだと思います。2004年頃の映像で、その後2006年にばってんさんが亡くなられて、告別式で島津さんは「帰らんちゃよか」を熱唱したそうです。

また、関島さんのオリジナル「生きたらよか」は、演歌ではなく、親の心情を語るように歌われていて、地に根を張った大衆の歌、生活の歌という良さを感じました。


〝生きたらよか〟(「帰らんちゃよか」の原曲) 作詞・作曲・歌 関島秀樹

作品は三者三様、表現方法も違いますが、三者それぞれの持ち味が出ているいい歌になっています。歌い方に方程式や答えはなくて、歌は自分で答えを作っていくものだということを改めて感じた作品でした。

演歌みち

2月4日の立春を過ぎると、少しづつ日も長くなってきますけど、まだまだ寒い日が続きます。今年は周辺でもインフルエンザとか、インフルではないけど風邪が長引いてる人も結構多いです。ぼくもその1人で、カラオケに行くにはちょっとビタミンが足りないかな…という感じです。今はDAM★とものユーザーさんの歌を聴いて元気をもらってますが、自分が頑張る気持ちになる歌ということで、Youtubeで久々に見たのが「演歌みち」という曲です。

この作品は1985年6月1日に松原さんの12枚目のシングルとして発売されました。作詞は吉岡治さん、作曲は岡千秋さん、編曲は佐伯亮さんです。吉岡さんは都はるみさんの「大阪しぐれ」、石川さゆりさんの「天城越え」、岡さんは都はるみさんの「浪花恋しぐれ」、中村美律子さんの「河内おとこ節」、佐伯さんは美空ひばりさんの「柔」や「悲しい酒」、氷川きよしさんの「一剣」と、どの方も多くのヒット曲を提供されています。松原さんはデビュー曲の「おんなの出船」のイメージがあり、まっすぐ通る声を伸ばしてゆく、正統派な歌唱法で演歌を歌う方というイメージです。演歌の中でも「ど演歌」とか「男歌」に入るかなと思います。1984年12月31日に都はるみさんが紅白歌合戦で華々しく引退した後、松原さんのようなタイプは、都さんの後継者の1人であったと思います。「演歌みち」には都はるみさんの作品の雰囲気もどこか感じられます。ただ、「爪先あがりの この坂を」で始まる松原さんの歌唱は強くて若々しく、当時の森昌子さんの歌い方に似ているようにも思えます。「しんどいネ そりゃましんどいけれど エンヤコラ このみち 演歌みち」という歌詞は、辛いことや苦しいことも乗り越えて生きていこうという、いかにも演歌らしい感じがします。最近の松原さんの歌声も見ましたが、大きなご病気もされたとは思えないほど、昔と同じ声を保たれているのは、聴く側としても嬉しいところです。

歌手は声が命だと思いますが、長年歌っている中で、歌手の多くが往年の歌唱力が衰えてくるわけですが、そういう年齢になっても、いかに歌唱力を維持できるかっていうのが、大きな分かれ目だなと思います。若い頃パワフルな歌唱力で歌っていた歌手は、50代ぐらいになると長年の疲労で声に衰えが目立ってきますが、正しい発声で歌ってきた歌手はそんなに声が荒れてないと思います。松原さんもその1人だと思います。ぼくはパワーで歌うタイプではないんですけど、歌う曲によって喉声で歌ってしまったりするんで、いくつになっても自分が楽しめる歌を歌えるような発声でいけたらいいなと思ってます。


松原のぶえ 演歌みち 演歌百撰