DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

たぶんオーライ

ぼくは、今日発売のSMAPのBest Album「SMAP 25 YEARS」を買いに、銀座の山野楽器に行ってきました。通常盤でいいかなと思ってたんですけど、目の前にあった初回限定仕様を買っちゃいました。このBest Albumはファンの投票で選ばれた1位から50位までの曲が収録されてまして、知らない曲も結構あります、ファンからのメッセージをちょっとだけ読みましたが、それだけでもSMAPへの愛が溢れてるのがすごく感じられて、ぼくも泣きそうまではいかないけど、ちょっとウルっとくるものがありました。これからじっくりと時間をかけて50曲を聴いて覚えたいと思います。

ぼくが最近DAM★ともで練習してるのが「たぶんオーライ」。今回の50曲には入ってません。作詞は小倉めぐみさん、作曲は庄野賢一さんという「がんばりましょう」のコンビで、1994年12月21日に発売された作品です。歌詞はサラリーマンの歌みたいな感じで、悩みはいろいろあるけど何とかやっていきましょうっていうノリなんですね。アイドルが歌うにはかっこよくない内容かなと思いますが、これをSMAPのパフォーマンスでやってのけたのが、彼らがジャニーズ事務所の基本形に嵌らず、独自の世界を築いたんじゃないかなと思います。

 人生 されどオーライ  楽ありゃ苦もあるもんです Yeah
    大丈夫 たぶんオーライ ジタバタしながらいきましょう Yeah

この曲の最後のところです。SMAPはぼくたちの心の中で生き続けます。

 

広告を非表示にする