DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

どんな僕でも

テレビを見ていると風景の映像に合わせて、いろいろなアーティストの音楽をBGMに乗せたりするのが深夜とか、あるいは番組と番組の間に放送したりするんですが、結構ここで音楽を聴くのが好きで、知らなかったアーティストさんを知るきっかけにもなっています。今回紹介する、MOLE HiLL(モールヒル)というバンドの作品も、J:COMチャンネルを見ていて、東京の上空からの風景が流れる中で、何曲か流れているのを聴きながら、惹きつけられるものを感じました。

彼らのHPを見てみたら、2002年に結成された京都を本拠にしているバンドですが、活動は全国で行っているそうです。2016年7月20日に、1stフルアルバム「Time」を発売し、ぼくが聴いたのはこのアルバムに収録されている曲だったようです。このアルバムでは阿久津健太郎さんをサウンドプロデューサーに迎えたそうです。阿久津さんというと、妹さんとのデュオ「ZERO」で活躍し、1996年に「ゼロから歩き出そう」がヒットしたのを思い出します。

さて、MOLE HiLLの作品を聴いて思ったのは、ボーカルの新大作さんの歌声が聴いてるぼくの側にも届いてるなあと感じたことです。ぼくはカラオケは好きですけど、カラオケバトルみたいな番組は見たいとは思わないんです。アマチュアの人もプロの歌手も点数を競うゲームなんだと思いますが、そこで「自分は歌が上手いんだ」と思いながら自信たっぷりに歌っている人の歌、ぼくは全然そういう歌に惹かれないんです。音程も確かで綺麗な声で歌っていて、完璧なはずなのに、何かが足りないと感じてしまうんです。

だから、売れる歌手は必ずしも歌唱力があるとは限らないわけですが、その代わりに自分の歌の持ち味を表現しようとする力が優れているのかなと思います。

ぼくはMOLE HiLLの作品の中では「どんな僕でも」という作品が気に入ってます。早くDAM★ともで歌える日が来ればいいなあと思っています。


【LIVE】 MOLE HiLL / モールヒル 「どんな僕でも」@池袋サンシャインシティ噴水広場 [公式]


【全曲試聴】MOLE HiLL/モールヒル 「Time」ダイジェスト【2016/7/20発売】

広告を非表示にする