読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

もし翼があったなら

最近テレビを見ていて気になる曲がありました。BS朝日で放送されている「五木寛之の百寺巡礼」のエンディングで由紀さおりさんが歌っている「もし翼があったなら」という歌でした。

「この世界の どこかにある やさしさに 真実に 出会ってみたくて この世界に きっと きっといる 友達に 恋人に めぐりあう そのために」という歌詞は、山口百恵さんの「いい日旅立ち」を連想させます。作詞は五木寛之さんなんですが、そもそもこの「五木寛之の百寺巡礼」という番組は2003年に放送され、その当時五木さんは百の寺を巡ったそうです。その番組が2016年10月から13年ぶりに放送されることになったということです。

「もし翼があったなら」を調べていったら、最初に歌ったのは桑名正博さんだと知り驚きました。そして、この作品を歌う桑名さんの歌声を聴き、こんな歌い方ができる歌手だったのかと知り、その暖かみのあふれる歌に感動しました。「セクシャルバイオレット№1」だけではない、彼の音楽の深さがありました。

そしてもう1人、「もし翼があったなら」を歌っていたのは、演歌歌手の松原健之さんでした。松原さんはインディーズ時代、前進座の舞台「旅の終りに」で歌を歌う役のオーディションで、原作・脚本を務める五木さんの目に止まりました。それがきっかけで歌手デビューとなり、そのデビュー曲「金沢望郷歌」のカップリングとして、「もし翼があったなら」を歌いました。彼は「クリスタルボイス」の評判のとおり、透明感のある綺麗な歌声です。ぼくが言うのも生意気なんですけど、松原さんが歌番組で色々な歌を歌っているのを聴いていると、演歌ではなくポップス歌手になった方がいいかなと思います。野口五郎さんの作品も合うと思いますし、CHEMISTRYの作品も合うんじゃないかなと思います。痩せれば生田斗真さんに似てなくもない顔立ちだし、いいものをいくつも持っている歌手だと思います。

桑名さんの歌声、松原さんの歌声を聴き比べてみていただければと思います。


もし翼があったなら


松原健之  もし翼があったなら