読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

小さな旅

NHKで「小さな旅」という紀行番組がありまして、1983年4月8日の「いっと6けん小さな旅」の放送開始から、この4月で35年目に入る、いわば隠れた長寿番組です。この番組のオープニングとエンディングがとても心が落ち着いて、安らぐ感じのいいメロディーなんですが、実はこのメロディーに歌詞を付けて、岩崎宏美さんが1986年6月21日に「小さな旅」という作品を発表しています。

オープニングとエンディングの曲は「光と風の四季」という曲名で、大野雄二さんが作曲しています。この大野さんの曲をベースに、作詞は山川啓介さんが作られ、編曲を奥慶一さんが作られました。岩崎さんと山川さんの組み合わせというと、「聖母たちのララバイ」や「家路」という岩崎さんの代表作があります。奥さんは岩崎さんの「決心」を作曲されましたが、編曲家としても、研ナオコさんの「泣かせて」や高橋真梨子さんの「桃色吐息」など、印象に残る個性的な作品を提供されています。

「小さな旅」の山川さんの歌詞では、ひとり旅をするなかで、離れている相手を恋しく思い、その中で相手を愛する自分の気持ちを確認して、家路に帰る姿を表しています。

人恋しく思うさまを「風の中に 声がして ふりむいたけど まぶしい海だけ」とか、
愛する気持ちを「夕映えと夜空が 抱き合うみたいに ふたつの 生き方を重ねたい」とか、表現が秀逸だなあと思いました。

セールス的にはヒット曲とはいえませんが、DAM★ともでも歌うことができるので、ぼくもたまに歌っています。「小さな旅」は子供の頃から見てましたが、2010年から全国放送になっていたとは知りませんでした。たまには番組で岩崎さんの「小さな旅」も流したらいいのにと思います。


岩崎宏美 小さな旅

 

 

広告を非表示にする