読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

Superstar(スーパースター)

時代を越えて世界中の音楽ファンに愛されているアメリカのポップス・デュオのCarpentersカーペンターズ)。日本でも数多くの作品がヒットしましたが、ぼくが好きな曲はSuperstar(スーパースター)という作品です。

オリジナルはアメリカのデュオ歌手であるデラニー&ボニー(Delaney&Bonnie)が1969年に発表した「カミン・ホーム」のB面に「グルーピー(Groupie)」という題名で収録されていました。歌詞の内容は、ロック・ギタリストへの恋心を募らせているグルーピーを歌っています。遠い昔、ギタリストと恋に落ちてしまった追っかけの女性。目の前でギターも聴かせてくれた。しかし今、ギタリストはスーパースターになり、遠い存在になってしまった。この「グルーピー(Groupie)」はボニー・ブラムレットが歌っています。デラニー&ボニーのオリジナルでサポート・ギターを弾いているのが、若き日のエリック・クラプトンです。この作品はレオン・ラッセル(この方もアメリカの有名なシンガー)とボニー・ブラムレットの共作です。

この作品を聴いたリチャード・カーペンターが「この曲はカレンに合う」と思い、カバーしたのが、1971年8月12日に発売された、カーペンターズの「Superstar(スーパースター)」でした。歌詞の一部をカレンさんが嫌ったため、一部はオリジナルから変えられました。ぼくもこの作品の悲しげなサウンドと、カレンさんのクリアで綺麗な英語での歌声から、とてもグルーピーの思いを歌った歌だとは思いませんでした。

どちらのバージョンも、それぞれに味わいがあって、いい歌だと思います。


DELANEY & BONNIE /// 10. Groupie (Superstar) - (D&B Together) - (1972)


Carpenters - Superstar