読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

Best Friend

SMAPが印象的な場面で歌うことが多かった「Best Friend」という曲。この作品は元々はNHK「みんなのうた」で放送するために作られました。作詞は当時中学生だった福島優子さんが行い、これに森浩美さんが補作詞をされました。それでできあがった作詞に曲を付けたのが筒美京平さんでした。この曲を作ったのが筒美先生だったということに驚き、SMAPとの接点があったことにも驚きました。

最近も「みんなのうた」で「Best Friend」がOAされていました。元々の歌詞は、「僕のBest Friend」は「お母さん」という内容だったので、「みんなのうた」では、歌詞の最後のところは「Best Friend、Best Friend 大好きなひと とっても とっても ママはベストフレンド」で終わります。

1992年7月8日にSMAPの4枚目のシングル「負けるなBaby!~Never give up」(この曲は知りませんが)のカップリング曲として、「Best Friend」が収録されますが、CD化の際に歌詞の最後の「ママはベストフレンド」が「僕のBest Friend」に書き換えられました。ただ、「ママはベストフレンド」の名残は3コーラス目の歌詞に残っていて、「今夜 テーブルにメモを置いておくよ 「ごめんなさい!」って 小さく書くつもり」という一節は、いかにもママに謝るのが恥ずかしい子供の感じが出ています。

というわけで、友達の歌に変わったからなのか、その後SMAPは、例えば森且行くんが1996年5月に「SMAP×SMAP」最後の出演をしたときに、森くんのセレクトで最後に歌ったのがこの作品でした。中居くんが号泣してしまったんですよね。(その条件反射なのか、この作品のときは中居くん必ず泣きますね。)また、2002年1月に稲垣吾郎くんが復帰したときもこの作品を歌いました。そしてこの作品は2016年12月に発売された「SMAP 25 YEARS」で初めてオリジナル音源が収録されています。


【SMAP×SMAP最終回】SMAP BEST FRIEND

広告を非表示にする