DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

高校3年生

ぼくがNHK「みんなのうた」で初めて聴いて、何かいい歌だなと思ったのが、森山直太朗さんの「高校3年生」という曲でした。森山直太朗さんは当初、森山良子さんの息子であることをオープンにせず、「直太朗」の名前でインディーズ活動をしていました。2001年3月7日に発売されたインディーズアルバム「直太朗」に収録された1曲が「高校3年生」でした。

実はこの作品は、直太朗さんが初めて作った曲とのことで、実はお母さんである森山良子さんに歌ってもらいたいと思って作ったものでした。そのデモテープを自宅の、良子さんが目につきそうな場所に置いていたそうです。それを聴いた良子さんが、「年代を考えても、声の感じを考えても、これはあなたが歌いなさい」とアドバイスしてくれたそうです。そのことがきっかけで、直太朗さんは音楽の道に進むことを決意したそうです。

そして、これも有名なエピソードですが、直太朗さんがストリートライブをしていた時、買い物帰りだった俳優の斎藤工さんがそのライブに出くわして、直太朗さんの歌声を「衝撃的な美しい声だった」と感じて、買ったのが「高校3年生」のシングルだったそうです。おそらくこの当時は2001年だと思いますので、斎藤さんも俳優デビュー前後の頃だったんですね。

youtubeでこの「高校3年生」の雰囲気に、うまくアニメのシーンを合わせた作品を見つけました。「たまこラブストーリー」というアニメだそうです。京都が舞台のようで、京都駅、京都タワー、鴨川が登場しています。残念ながらその映像はここでは掲載できませんでした。弾き語りをしている方の映像で曲の雰囲気を感じていただければと思います。


森山直太朗 高校3年生 弾き語り

広告を非表示にする