読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

青いダイヤモンド

DAM★ともではいろいろなオーディションを紹介していますが、「2017年 日本クラウン 演歌・歌謡曲 新人歌手オーディション」で、「2015年度準グランプリ」として紹介されていたのが、中澤卓也さんです。2017年1月18日「青いダイヤモンド」でデビュー!とあったので、どんな歌なのかyoutubeで探してみました。作詞は田久保真見さん、作曲は田尾将実さん、編曲は川口真さんです。ここで川口先生のお名前を見るとは思いませんでした。演歌というよりも青春歌謡といった感じの曲ですが、中澤さんが伸びやかな声で、無理なく歌っているのに好感をもちました。21才の若者で爽やかイケメンって感じなので、今年の新人賞レースには上がってくる方だと思いました。ぼくもDAM★ともで歌ってきましたけど、歌ってて気分がよくなる作品だと思いました。高音がうまく出せなかったけど、初めて歌ってみて得点が96点でびっくり!日頃なかなか95点の壁を超えられないものですから、この作品、ぼくに合ってるかも…と思ったところです。


中澤卓也 青いダイヤモンド FULL PV

中澤くん自身も歌手の原石みたいな存在だと思いますが、彼はプロ歌手のデビューを目指して、田尾先生の下で歌のレッスンをしてきたほか、いろいろと活動されていたようです。その1コマかもしれませんが、中澤さんが自分で作ったという「トモダチノウタ」という曲を歌っています。5分ぐらいの曲なんですが、聴いていて飽きがきませんでした。聴いている人を飽きさせないって、すごいことだと思うんですよね。ぼくはこちらの歌の方が彼の本来の歌の志向なのかな…と思いました。


中澤卓也 egg!Live 2ndステージ vol.9

広告を非表示にする