DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

カナシミ ブルー

ぼくはDAM★ともKinKi Kidsのいろいろな作品を歌ってきました。基本的には歌いやすい作品が多いんですが、何回歌っても今一つうまくいかないなあと思うのが「カナシミ ブルー」です。「カナシミ」と「ブルー」の間にはスペースを空けます。この作品は2002年5月に発売されたシングルで、作詞・作曲は堂島孝平さん、編曲はCHOKKAKUさんです。CHOKKAKUさんがアレンジされた作品を辿ると、SMAPの作品は多くて、超有名な作品では「夜空ノムコウ」や「青いイナズマ」ですし、KinKi Kidsの作品も多くて、有名な作品では「愛されるより愛したい」や「to Heart」があります。堂島孝平さんは「堂本兄弟」で堂本ブラザーズバンドとしてレギュラー出演していたので、KinKi Kidsとも仲良い感じで、ある時の放送で「どうもと~」というフレーズを「どうじま~」と歌われていたことがありました。

さて、「カナシミ ブルー」は、サウンドは疾走感があって、フレーズはつながってますけど、音階は高音から初めて低音に行って、また高音に戻ってという感じが、短い音符で続いていくので、歌いがいはありますけど、そこが難しい曲ですし、結構パワーを貯めておかないと、後半へたばってしまうところがあります。オープニングのAメロがそこなんですけど、1コーラスの終わりと、2コーラスの終わりと、最後とで何回も出てくるので、最初は安定感があっても、最後の方は音程も不安定になってしまうところがあって、ここがぼくの課題かなと思ってます。とにかくこの作品はかっこいいという印象があって、特に2コーラス終わった後の間奏のアレンジが好きです。だから、KinKi Kidsを歌っているユーザーさんと上手くコラボができたら、すごくかっこいい出来あがりになるだろうなとは思うんですが、何しろ難しい曲なので、公開しているユーザーさんが少ないんです。まずはセルフコラボで試してみようと思います。

広告を非表示にする