読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

LA・LA・LA LOVE SONG

昨夜の「SMAP×SMAP」はタモリさんが出演されていて、収録現場もSMAPの5人も和んでいるように感じました。「SMAP×SMAPって2回も言うのって厚かましいよね」とタモリさんが言うと、中居さんが「これって、ニューヨーク・ニューヨークがあるんで、ジャニーさんが考えたんですよ」と返すと、「さすがジャニーさん、素晴らしいです」とタモリさん。このあたりのトークも面白かったです。

「スマスマ」が月曜の夜10時からスタートしたのが1996年4月15日。そして同じ日に月曜の夜9時からスタートしたのが、ドラマ「ロング・バケーション」でした。そして、「ロンバケ」の主題歌が、久保田利伸 with NAOMI CAMPBELLによる「LA・LA・LA  LOVE  SONG」でした。「まわれ まわれ メリーゴーラウンド」で歌が始まると、あれから20年経った今でも、ドラマのOPとか、瀬名と南の色々なシーンが、強く思い出されます。このドラマは3階建ての古いビル、通称「瀬名マン」でロケをやっていまして、新大橋を渡って、左に曲がって数分の所にあるのがわかり、ドラマ終了後の解体直前に見に行きました。同じように見に来ている人達がいました。今は高層マンションが周辺も立ち並び、当時の面影は隅田川の川べりぐらいしか残ってません。

ドラマでは、なかなか芽の出ないピアニストの瀬名が、奇跡を信じてと南に励まされて、ピアノコンクールで優勝するお話なんですが、「LA・LA・LA LOVE SONG」も、歌詞はラブソングなんですけど、明日に向かって進もうとする勇気を与えてくれた歌です。