DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

青いイナズマ

ぼくがDAM★ともでお気に入りアーティストにしているSMAPSMAPのサウンドを語るのに外せないのが林田健司さんの作品です。「青いイナズマ」は1996年にSMAPが、森君が脱退した後5人で初めて出したシングルです。オリジナルは1994年に林田さんが出してますので、SMAPはカバーしていることになります。

SMAPも林田さんもデビュー以来CD契約はビクターエンタテイメントということもあったからなのか、SMAPはコンサートでも林田さんのカバーをすることが多かったらしく、そんなつながりから、「$10」も林田さんのオリジナルですが、SMAPがカバーすることになりました。林田さんの曲はちょっと斜に構えつつも、グルーブ感のあるエロかっこよさが充満してます。アイドル向きではないと思いましたし、「青いイナズマ」は林田さんは「皆で歌う曲としては合わないんじゃないか」と思ったそうです。テレビで見たぼくは、5人が踊りながら歌ってるのをみて、「Get you!」のとこも含めて「SMAPかっこいい」と思ったものでした。作詞の森浩美さんと作曲の林田健司さんはSMAPブレイクのきっかけを作った功労者といえると思います。

SMAP解散まであと1か月余り。来月にはベストCDも発売されます。ぼくは買うつもりですが、もっとSMAPの曲を覚えて、DAM★ともにも公開したいと思います。

広告を非表示にする