DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

コーラス・ライン

ぼくが「DAM★とも」で好きなアーティストに最近加えたのが野口五郎さんです。野口さんが新御三家として活躍されていた頃は、ぼくは子供だったので全く関心がありませんでした。歌うのに何かいい曲はないかなあとyoutubeで探している中で、野口さんの若い頃の歌の映像に出会いました。当時のアイドルですからかっこよさもさることながら、歌の世界を必死に伝えようとしてる感じや、ちょっと捻りの入った曲調も上手く歌ってるなあと感心しまして、自分も挑戦しようという気持ちで何曲か公開するようになりました。

ぼくが感じている野口さんの曲は、失恋とか別れみたいな歌詞に、筒美京平さんがちょっと難しい曲調を付けてるイメージが強いです。コーラス・ラインはそのイメージには当てはまらない曲です。昔のフォークソングのような同じフレーズを何回も繰り返すパターンに似ていて、コンサートで歌手と観客が一体になって歌おうみたいなノリです。ぼくはコーラス・ラインを歌ってみて、正直冗長感があって、もし自分が舞台で歌うとしたら、どんな風に伝えたら、一緒に歌ってもらえるのかなって考えました。自分の技術では無理なので、それができる歌手の皆さんはプロなんだなと感じました。

この曲が発売されたのが1980年。男性アイドルが新旧交代を迎えていた時期だったこともあり、野口さんのヒット曲の中では目立たない曲です。

 

広告を非表示にする