DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

永遠の果てに

2018年7月4日にニューアルバム「永遠の果てに~セルフカヴァー・ベストⅠ~」を発売した徳永英明さん。1986年から1994年までのヒット曲の中から10曲が収録されましたが、ぼくが気になったのは、今回のアルバムのタイトル曲でもある「永遠の果てに」という曲で…

君が美しすぎて

ぼくがDAM★ともでお気に入りにしているアーティストの野口五郎さん。「19:00の街」を歌ってから、野口五郎の歌の世界に入ったんですが、基本的に五郎さんの歌は難しくて、DAM★ともにはまだ出せない曲もあります。そういう曲の1曲が「君が美しすぎて」という…

ひとりじゃないね

ぼくがDAM★ともで歌う曲を覚えるときに、Youtubeで「歌ってみた」投稿をしている方々の動画を見たりしています。よくみている動画の1つが「Shinの演歌・歌謡曲チャンネル」というもので、Shinさんというメガネをかけている男性が、演歌や歌謡曲を歌っていら…

ぼよよん行進曲

今日は休日だったので朝も急がず、久しぶりに8時からEテレの「おかあさんといっしょ」を見ました。歌の花田ゆういちろうお兄さんと小野あつこお姉さん、体操の小林よしひさお兄さんと上原りさお姉さんの4人が浴衣姿で登場し、子供たちはいなかったので、「…

冬の蝶

カラオケの選曲をするときは、ジャンルにこだわらず探してますので、ポップスやロックに限らず、演歌歌手の方の曲も選んで歌っています。最近チェックした曲が、演歌歌手の中澤卓也さんの「冬の蝶」という曲です。 この作品は中澤さんの3枚目のシングルとし…

青春アミーゴ

DAM★ともでユーザーさんの公開曲を聴いていると、どうしても最新の公開曲を聴くことが多いんですが、たまにユーザーさんが長いこと公開している曲をチェックすると、自分でもその曲の当時を思い出すことがあります。最近チェックした1曲が、修二と彰の「青春…

砂漠のような東京で

先週から東京は酷暑が続いてます。暑いのは好きなんですけど、朝も夜もちょっと暑すぎな感じです。「涼しい歌」って検索したんですが、うまく見つからず、ちょっと乾いた歌をということで思い出したのが、いしだあゆみさんの「砂漠のような東京で」という曲…

Heaven Only Knows

ぼくがDAM★ともでお気に入りにしているアーティストのCHEMISTRY。2017年2月28日に東京国際フォーラムのワンマンライブで活動を再開し、2017年11月15日に再始動シングル「Windy」を発売しました。そして2018年6月20日に再始動第2弾シングル「Heaven Only Know…

夏の終りのハーモニー

ぼくもカラオケで色々なアーティストの作品を歌っている割には、好き嫌いがあって、「食わず嫌いな曲」というのも結構あります。その1曲が、井上陽水さんと安全地帯のデュエットによる「夏の終りのハーモニー」という曲でした。 この作品は1986年9月25日に安…

Another Orion

東京カラオケまつり新宿大会を観覧して、111名の方の歌を聴いて、ぼくも自分で歌ってみようと思った曲がいくつもあって、その1曲が藤井フミヤさんの「Another Orion」という曲でした。 この作品は1996年8月7日に藤井さんの10枚目のシングルとして発売されま…

恋衣

DAM★ともで公開曲を出していたユーザーさんや、カラオケ大会によく出場されている方が、その後メジャーデビューをするパターンは結構あります。カラオケ世界大会でチャンピオンになった海蔵亮太(かいぞう りょうた)さんは、6月27日に「愛のカタチ」でメジ…

今週は東京も真夏日が続き、もうすぐ夏がやってきそうな感じです。カラオケも夏歌が合う季節になってきましたが、夏歌のイメージがある1曲が、福山雅治さんの「虹」という曲です。 この作品は2003年8月27日に福山さんの18枚目のシングルとして発売されました…

月枕

「恋町カウンター」で竹島宏さんの作品を初めて歌ってみたぼくですが、Youtubeで竹島さん関連の動画を見て、好きになった1曲が「月枕」という曲です。 この作品は2017年1月25日に竹島さんの20枚目のシングルとして発売されました。作詞は松井五郎さん、作曲…

晴れのちBLUE BOY

日本の音楽番組の中で歴史的にも伝統的にもトップであるNHK紅白歌合戦。プロの歌手も緊張するステージであり、68回の歴史の中ではハプニングも放送事故もありました。その中で歌手が、いわゆる紅白的なオーソドックスさを打破したステージというのがいくつか…

まだ涙にならない悲しみが

このブログでも書きましたが、演歌歌手の竹島宏さんの最近の2作「月枕」と「恋町カウンター」は、作詞が松井五郎さん、作曲・編曲が都志見隆さんという、1980年代以降のJ-POPの隆盛を支えた作家の作品です。かつてのポップスの作家が演歌歌手に作品を提供し…

東京カラオケまつり新宿大会

6月9日(土)に新宿区角筈区民ホールで開催された「2018東京カラオケまつり」の予選大会である新宿大会を観覧してきました。観覧だけではなくてぼくは…そのステージで歌ってきました。 「2018東京カラオケまつり」のエントリー方法にはWebエントリーというの…

歌の旅びと

Youtubeを見ていると、知らない曲に出会うことがありまして、それで初めて聴いてみて、そしてまた聴いてみて、次第に自分の中で関心が芽生えてくる曲があります。演歌歌手の松原健之さんが歌う「歌の旅びと」という曲もそういう1曲です。 この作品は2011年5…

ブーメランストリート

西城秀樹さんの告別式で、野口五郎さんが読んでいた弔辞の中で、 訃報(ふほう)を聞いて君の家に向かう途中で、僕は突然思い出して妻に言った。秀樹の歌で「ブーメランストリート」という曲があって、ブーメランだから「きっとあなたは戻って来るだろう」っ…

カラオケユーザーから見たカラオケ事業

5月30日にシダックス株式会社が、レストランカラオケ事業の相互発展に向け、株式会社B&V(=カラオケ店舗の「カラオケ館」を運営している企業です。)と資本業務提携の締結を決定し、シダックス株式会社の連結子会社であるシダックス・コミュニティ株式会…

白い教会

西城秀樹さんが5月16日に亡くなられて2週間が経ちました。いま改めて西城さんの足跡を振り返る方々も多いようで、今週のオリコンのアルバムランキングでは、12位に「GOLDEN☆BEST deluxe 西城秀樹」(2010年4月28日発売)が、13位に「GOLDEN☆BEST 西城秀樹ベ…

再会タイムマシン

5月26日、歌手の西城秀樹さんの告別式が行われ、西城さんと共に「新御三家」としての一時代を作った野口五郎さんと郷ひろみさんが弔辞を読まれました。西城さんと公私共に交流のあった野口さんの弔辞は、「ブーメランストリート」から「ブーメランストレート…

聖・少女

西城秀樹さんが亡くなられて、その存在感の大きさを今になって改めて認識し、そして驚かされる日々が続いています。ぼくにとって西城さんは子供の頃のスーパーアイドルというイメージです。西城さんのファンではないのに、この喪失感は何なんだろうと考える…

雨がやんだら

女優の朝丘雪路さんが4月27日に亡くなられていたことが、今日報道されました。歌手の西城秀樹さんや、女優の星由里子さんの訃報が相次いだためか、朝丘さんの報道は「11PMで活躍した」程度の内容でしたが、朝丘さんは宝塚歌劇団で月組の娘役として活躍した…

サンタマリアの祈り

今日の昼過ぎに突然入ってきた、歌手の西城秀樹さんの訃報に驚き、ショックを受けた方も多いと思います。脳梗塞の再発や両目の手術による後遺症という困難にも向き合って、懸命のリハビリをされてきて、2016年にはFNS歌謡祭で歌を披露し、2017年には中野サン…

僕にまかせてください

ぼくがDAM★ともで、公開曲を出しているユーザーさんたちの歌を聴く時間帯は夜が多くて、23時から25時までが多いです。その傍らで、よく耳にしている番組が「音楽のある風景」という番組です。CDを通販で売る30分のショッピング番組なんですけど、テーマを決…

かもめの街

カラオケでは非常に多くの曲が歌われていますが、オリジナルの歌手の歌があまりに個性的だったり、優れた歌唱技術であったりするために、素人がカバーするには難しすぎる曲があります。日本の歌謡史の中でトップレベルと言われる歌唱力の持ち主であったちあ…

sub/objective

稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんによるAbemaTVの「世界初のSNSバラエティ番組」である「7.2新しい別の窓」。5月6日は第2回目の放送がありましたが、22:40頃からは、香取さんと草彅さんのユニット「SingTuyo(しんつよ)」に「Kiss is my life.」を提…

きみとぼくのなかで

DAM★ともで自分の歌を採点する機能があるんですが、ぼくがなかなか超えられないのが「95点の壁」。採点機能は音程の他にも表現力、ロングトーン、ビブラート、安定性、リズム、声域、タイプとあるんですが、歌い終わった後、次の曲を何にしようか考えている…

Wonderful Life

今日4月30日は香取慎吾さんと草彅剛さんによるユニット「SingTuyo(しんつよ)」の曲「KISS is my life.」の配信開始日でした。そして、この作品の作詞・作曲を手掛けた、ぼくのりりっくのぼうよみさんのTwitterから嬉しいお知らせが! 【Abema TV出演のお知…

恋町カウンター

DAM★ともでぼくがよく聞いているユーザーさんが演歌歌手の竹島宏さんのファンのようで、公開曲でも竹島さんの作品をよく歌われているのを聴いています。竹島さんは2002年7月24日に歌手デビューして今年17年目になります。演歌歌手としては中堅の範疇だと思い…