読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

フライディ・チャイナタウン

泰葉さんが1981年9月21日にデビュー・シングルとして発売した「フライディ・チャイナタウン」。セールス的にはそれほどヒットしたわけではないんですが、林家三平師匠の娘ということと、もともとクラシックを目指していたという異色の経歴が話題を呼びました…

ファンタスティポ

日頃は別々に活動している歌手が、「企画物」としてコラボ作品を出してヒットするということは時々あります。ジャニーズも時折「企画物」を出しますが、2005年1月26日に発売された「ファンタスティポ」は、TOKIOの国分太一さんとKinki Kidsの堂本剛さんによ…

風の色

ぼくがよく歌っているKinki Kidsの作品は、本人たちの歌唱で知るほかにも、ジャニーズ・ジュニアと呼ばれる、デビュー前の練習生のような子たちが、ジャニーズの先輩の作品を歌番組で歌ったりしますが、そういう場面を見て覚えたものもあります。「風の色」…

東京にもあったんだ

ぼくがDAM★ともでお気に入りにしているアーティストの福山雅治さん。福山さんの作品は数多く歌わせていただいていますが、「東京にもあったんだ」は自分にとっても、CLUB DAMの歌唱検定に初めて応募した思い出の曲です。 この作品は2007年4月11日にシングル…

ジレンマ

ぼくは声質が低めなので、高音でかっこよく歌っているアーティストさんには憧れます。2000年代に活躍していたSURFACE(サーフィス)の作品も結構好きで、うまく歌えないのは承知で、今でも歌っています。最近歌っているのは「ジレンマ」という作品です。 SUR…

You And I

1990年代にカラオケでよく歌っていたのが中西圭三さんの作品ですが、ぼくが好きな作品は「You And I」です。作詞は売野雅勇さん、作曲は中西圭三さん、編曲は小西貴雄さんで、当時の中西さんの作品を作っていたコンビです。1993年3月に発売された3枚目のア…

青いダイヤモンド

DAM★ともではいろいろなオーディションを紹介していますが、「2017年 日本クラウン 演歌・歌謡曲 新人歌手オーディション」で、「2015年度準グランプリ」として紹介されていたのが、中澤卓也さんです。2017年1月18日「青いダイヤモンド」でデビュー!とあっ…

人形の家

1969年(昭和44年)の紅白歌合戦は、昭和の歌謡史を語る上でも貴重な番組の一つとなっています。弘田三枝子さんはこの年、「人形の家」(作詞はなかにし礼さん、作曲は川口真さんです。)が大ヒットして、日本レコード大賞の歌唱賞を受賞しました。ぼくが生…

almost in love

CHEMISTRY - almost in love (Live) ぼくがDAM★ともでお気に入りにしているアーティストのCHEMISTRYさん。今月末に活動を再開されるということで楽しみにしています。CHEMISTRYの冬の作品で思いついて、ぼくも歌うことが多いのが「almost in love」です。こ…

Viva La Vida (美しき生命)

Coldplay - Viva La Vida ぼくは洋楽はあまり聴かないんですが、Coldplayの「Viva La Vida」をFMで初めて聴いたときから、「この曲、何か気になるなあ」と思って、何回も聴くようになりました。Coldplayがイギリスの超人気ロックバンドということも知らず、2…

根の歌

「根の歌」は、ジェイティ飲料が販売している缶コーヒー「ルーツ」が2010年に発売10周年を迎えたということで、そのCMソングとして作られた歌です。この歌のために結成されたのが、布施明さん、石川さゆりさん、鈴木雅之さん、杏里さん、CHEMISTRYの堂珍嘉…

雨ニモマケズ

今から2、3年前、ある企業のCMのBGMでかかっていた曲が耳に止まり、調べてみたら、宇佐元恭一さんというシンガーソングライターの方が歌われている、「雨ニモマケズ」という作品でした。この作品は題名のとおり、宮沢賢治さんが書いた「雨ニモマケズ…

マイペース

一つ!数えて進めばいい、二つ!数えて休めばいい、三つ!数えて考えりゃいい マイペースで進めればいい 2006年3月1日にSunSet Swishが3枚目のシングルとして発売した「マイペース」の出だしのところです。ぼくもこの歌は当時結構歌いまして、DAM★ともにも…

送春曲

2年前に何のテレビ番組だったのかは忘れましたが、今まで聴いたことのない歌が耳に入って、それが野口五郎さんの「送春曲」という歌でした。この作品は1978年12月にシングルとして発売されました。作詞は阿久悠さん、作曲・編曲は筒美京平さんです。 「春は…

五番街のマリーへ

ぼくは女性ボーカリストの作品もDAM★ともで歌うことが多いですが、今まで意外に歌ったことがなかったのが高橋真梨子さんの作品でした。検索してみて、歌ってみたのが「五番街のマリーへ」という作品でした。 作詞は阿久悠さん、作曲は都倉俊一さんで、1973年…

あなたが好きで

森山良子「あなたが好きで」(from 『Concert Tour2007-2008』) ぼくがDAM★ともで公開しているのが、森山良子さんが2004年にシングルとして再発売した「あなたが好きで」という曲です。大人のラブソングそのものといえる作品で、長年連れ合ってきた男女の愛…

明治チェルシーの唄

2003年頃のCM 明治 チェルシー Meiji CHELSEA ケミストリー CHEMISTRY カラオケで歌っている楽しい時間も、終了10分前の電話コールが来ると、「あと2曲ぐらいしか歌えない」と焦ってしまうものです。特に、調子がいまひとつで、公開に出そうと思っている曲…

L'Appuntamento

Ornella Vanoni - L'Appuntamento ぼくが好きな番組「小さな村の物語 イタリア」のOPで使われているのが、Ornella Vanoni(オルネラ・ヴァノーニ)さんが1970年に発売した、「L'appuntamento」(ラプンタメント。邦題では「逢いびき」)という作品です。イタ…

$10

SMAPの活動を振り返るなかで、彼らのターニングポイントとなった作品が「$10」(テンダラーズ)であったと思います。この作品はもともと林田健司さんが1992年に発売した2枚目のアルバム「Unbalance RAPHLES Ⅱ」に収録されていました。林田さんの当時の作品は…

あいたい

林部智史さんが2016年2月24日に発売したデビュー・シングルの「あいたい」は、最近の音楽界では珍しく、オリコンチャート100位以内に長期間とどまるロング・ヒットを続けています。こういう傾向は、古くは千昌夫さんの「星影のワルツ」、「北国の春」を始め…

やさしさで溢れるように

「やさしさで溢れるように」はJUJUさんが2009年2月に発売したシングルですが、ぼくがこの作品を初めて知ったのは、CHEMISTRYの川畑要さんが2014年12月に発売したカバーアルバム「ON THE WAY HOME」に収録されていた歌を聴いたときでした。 「やさしさで溢れ…

想い出のセレナーデ

youtubeで昭和の名曲に出会うことは多いですが、天地真理さんが1974年9月に11枚目のシングルとして発売した「想い出のセレナーデ」もその1曲です。 天地真理さんは当時の名ドラマ「時間ですよ」で「隣のマリちゃん」役で名前が売れて、1971年に「水色の恋」…

カナシミ ブルー

ぼくはDAM★ともでKinKi Kidsのいろいろな作品を歌ってきました。基本的には歌いやすい作品が多いんですが、何回歌っても今一つうまくいかないなあと思うのが「カナシミ ブルー」です。「カナシミ」と「ブルー」の間にはスペースを空けます。この作品は2002年…

Resistance

久しぶりにTM NETWORKの歌が歌いたくなって、半年前ぐらいにDAM★ともで公開した作品が「Resistance」でした。1988年2月に発売されたシングルで、作詞は小室みつ子さん、作曲は小室哲哉さんです。小室みつ子さんは小室哲哉さんと血縁関係はなく、たまたま苗字…

The House of the Rising Sun(朝日のあたる家)

「The House of the Rising Sun」はアメリカのトラディショナルなフォーク・ソングで、いわゆる口伝えで歌い継がれてきた歌で、作詞・作曲は不詳です。1930年代にはこの歌の原型と見られる録音があったそうです。日本では「朝日のあたる家」としてカバーされ…

針葉樹

DAM★ともでは、他のユーザーさんに歌ってほしい曲があって、そのユーザーさんが「リクエストを受け付ける」設定をしていた場合に、リクエストをすることができます。ぼくは日頃はリクエストを受け付けない設定にしていますが、気紛れで受け付ける設定にして…

冬の色

山口百恵さんの作品は、1980年(昭和55年)10月15日に彼女が芸能界を引退してから36年余り経った今でも、多くの人たちに歌われています。「冬の色」は1974年12月10日に発売されたシングルで、作詞は千家和也さん、作曲は都倉俊一さんという、デビュー以来百…

Two As One 

DAM★ともでは、公開したユーザーさんの曲が「コラボOK」であれば、その曲を音源にして自分の歌声をかぶせる、つまりユーザーさんと自分がコラボした録音ができまして、このコラボ録音を公開することもできます。また、歌の上手いユーザーさんに多いですが…

がんばりましょう

ぼくがDAM★ともでお気に入りのアーティストにしているSMAPの作品の中で、好きな曲の1つが1994年(平成6年)9月9日に発売された「がんばりましょう」です。この頃のSMAPの作品は、歌詞も曲もファンキーな感じのものが多くて、1人で歌っていても楽しいですし…

津軽恋女

先週末は全国の広い地域で雪景色になりました。寒さもピークにきています。雪の降る歌で思い出したのが、新沼謙治さんの「津軽恋女」です。 以前あったCLUB DAMの歌唱検定で、ぼくが演歌で応募したのはこの曲だけです。もともと演歌はあまり歌いませんけど、…

Your eyes only~曖昧なぼくの輪郭~

ぼくがDAM★ともでよく歌ってきたアーティストの1組がEXILEですが、彼らの作品の中で好きな曲が、デビュー曲である「Your eyes only~曖昧なぼくの輪郭~」です。 EXILEの前身は、1999年から活動していた「J Soul Brothers」というグループでしたが、2001年…

車線変更25時

踊っているPVの曲をyoutubeで見ている中で、意外性があって良かったのが、キンモクセイが2002年に発売した「車線変更25時」という作品です。キンモクセイというと「二人のアカボシ」に代表されるような、どこかに昭和の歌謡ポップスを感じさせるサウンドを志…

キレイだ

今年の初カラオケに行って、星野源さんの「恋」を歌いながら、「歌って踊れる曲があった」と思いだしたのが、w-inds.が2004年6月に発売した「キレイだ」です。作詞・作曲はスキマスイッチです。もともと「キレイだ」はスキマスイッチがライブで歌っていた曲…

やめないで,PURE

1月の3連休も終わり、年末年始料金も終わったので、昨日は今年初のカラオケに行ってきました。DAM★ともでどの曲を公開しようかと考えたところで浮かんだのが、Kinki Kidsの「やめないで,PURE」でした。この作品は1999年2月に発売されたシングルで、…

トーキョー・バビロン

日本の歌手が外国で作品をヒットさせるというのは滅多にないことです。坂本九さんの「上を向いて歩こう」以来、2011年にピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が、アジア・アメリカ・ヨーロッパと海外諸国で幅広くヒットしたのが、由紀…

ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-

2008年12月にDAM★ともがスタートした時に、ぼくが初めて何曲か公開した曲の1つが矢島美容室の「ニホンノミカターネバダカラキマシタ-」でした。矢島美容室はどんねるずとDJ OZMAがアメリカのネバダ州から来た母娘という設定で生まれた企画ユニットでした。…

YELL

今日、いきものがかりが活動休止を発表し、「放牧宣言」をしました。活動休止を発表するアーティストは毎年多くいますが、割と大きくニュースで報道されたのは、彼らが今の日本に影響力を与えているからなんだと思いました。 いきものがかりが活動休止をする…

プレゼント

「プレゼント」という作品は多いですが、今日紹介するのは、SEKAI NO OWARIが2015年9月に発表した「プレゼント」です。ぼくは毎朝、NHKのEテレの「みんなのうた」を聴きながら目を覚ましますが、この「プレゼント」は「みんなのうた」で初めて聴きました。 …

Rojo -Tierra-

皆さま、あけましておめでとうございます。年末は紅白歌合戦は1秒も見ず、大晦日の雰囲気がある「年忘れにっぽんの歌」を見ました。八代亜紀さんの「舟唄」は、演歌を聴かないぼくでも心に沁みるものがありました。年始は「ウィーン・フィル・ニューイヤー…

Triangle

DAM★とものユーザーさんたちの新曲公開も年内は12月28日で終了しました。年明けは1月5日から新曲公開が開始します。年末年始はよく聴くユーザーさんたちの公開曲をゆっくりと聴きたいと思います。 2016年は、1月上旬の突然のSMAPの解散騒動に始まり、SMAPの…

ともしび

八代亜紀さんは「雨の慕情」や「舟唄」など、多くのヒット曲を持っている歌手ですが、ぼくがいいと思った曲は、youtubeでたまたま見た「ともしび」という曲でした。 「あなたの命の ともしびが もうすぐ 消えると 聞かされた」といきなり、恋人の男性が病魔…

紅とんぼ

ぼくは、club DAMの歌唱検定を受けてプロの先生から講評をいただいた中で、「語るように歌ってみて」というのがあって、それはどういうふうにやったらいいのかとYoutubeで歌手の映像を見ている中で、すごく参考にしているのがちあきなおみさんです。「紅とん…

夜空ノムコウ~ありがとう、SMAP。

昨晩の「SMAP×SMAP」、18:30から23:18まで、ずっと見てました。スマスマの20年、そしてSMAPの28年を約5時間、いろいろな思い出が一気に甦ってきました。いろいろな映像を見て、こんなすごいグループはもう現れないだろうなと思いました。そしてまだまだ、50…

Anniversary

「Anniversary」という作品は多くありますが、今回紹介するのはkinki kidsの「Anniversary」です。kinki kidsは作品の発売時期が冬というのが割に多くて、この作品も2004年12月に発売されました。作詞はsatomiさんがされましたが、別に冬の内容ではなくて、…

グッド・ラック

ぼくが野口五郎さんの作品で、DAM★ともで初めて公開したのが「グッド・ラック」でした。この作品は1978年に発売され、作詞は山川啓介さん、作曲は筒美京平さんです。すごく爽やかなんだけど壮大な広がりを感じさせるメロディーに、野口さんが伸びやかな声で…

たぶんオーライ

ぼくは、今日発売のSMAPのBest Album「SMAP 25 YEARS」を買いに、銀座の山野楽器に行ってきました。通常盤でいいかなと思ってたんですけど、目の前にあった初回限定仕様を買っちゃいました。このBest Albumはファンの投票で選ばれた1位から50位までの曲が収…

私だけの十字架

子供の頃は人気の刑事ドラマがいくつもありましたが、「特捜最前線」のエンディング主題歌だった「私だけの十字架」は、子供心にも物悲しさを感じさせる異色の曲でした。 歌っていたのはファウスト・チリアーノ(Fausto Cigliano)さんというイタリア人の歌…

LA・LA・LA LOVE SONG

昨夜の「SMAP×SMAP」はタモリさんが出演されていて、収録現場もSMAPの5人も和んでいるように感じました。「SMAP×SMAPって2回も言うのって厚かましいよね」とタモリさんが言うと、中居さんが「これって、ニューヨーク・ニューヨークがあるんで、ジャニーさ…

春の雪

DAM★ともで多くのユーザーさんの公開曲を聴いていると、素敵な声質のユーザーさんの公開曲からその作品を好きになるということがあり、徳永英明さんの「春の雪」もそんな1曲です。 「春の雪」は徳永英明さんのデビュー25周年の中の1曲として2011年に発売さ…

風の駅

ぼくが1年前にDAM★ともでよく歌っていたのが野口五郎さんの「風の駅」でした。youtubeで見たのがきっかけで、当時の人気番組「夜のヒットスタジオ」で野口さんが「風の駅」を熱唱している映像でしたが、歌うのにいい作品はないかなあと探してたところだった…