DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

だきしめたい

ぼくは一日の中で空いた時間があれば、DAM★ともで歌っている曲を聴いています。聴く曲はいろいろで、例えば朝に、自分を元気づけるためにアップテンポな明るい曲や勇気を与えてくれる歌詞の曲を選ぶこともあれば、切なくて暗いバラードを聴くこともあれば、…

夜が明けて

今年1月23日に歌手の坂本スミ子さんが亡くなられました。1960年代に日本でブームとなったラテン音楽の曲をカバーし、「ラテンの女王」として活躍されました。ラテン音楽といっても一言では言えませんが、坂本さんは1959年に、来日したアメリカのラテン音楽グ…

悲しみのニューヨーク

ぼくが初めてカラオケ大会に出た時に歌ったのが、松原健之さんの曲でした。 初めて松原さんの歌を聴いたのは、たぶんNHKの歌番組だったと思いますが、村下孝蔵さんの「初恋」を歌われていたときでした。 松原健之~初恋~ 綺麗な声質とか、軽やかに柔らかい…

この瞬間、きっと夢じゃない

ぼくがDAM★ともでお気に入りのアーティストにしているSMAP。2016年12月31日をもってSMAPが解散してから4年以上が経ちましたが、改めて彼らのエンターテイナーとしての影響力の大きさとかプロフェッショナルさとか、発表した多くの作品の質の良さとか、折に触…

御手紙

カラオケで歌いたい曲をどう選んでいるかというのは、人それぞれのアプローチやきっかけがあると思います。新曲を歌いたいという方もいますし、プロの歌手の歌声を聴いて自分も歌ってみたいという方もいます。 ぼくの場合はいろいろな曲を聴いてみて、自分を…

君想い

2021年の1月ももうすぐ終わりますが、1月はDAM★ともをはじめ、KARASTAやnanaにも時間ができれば曲を歌って投稿するようにしました。DAM★ともに3曲、KARASTAに15曲、nanaに12曲でした。同じ曲を複数のSNSに出して、聴いてくださった方のコメントを読んでは、…

瑠璃色の地球

昨日は日頃からお世話になっているカラオケスナックのお店に2週間ぶりに行ってきました。このお店は歌の上手い方や耳の肥えた方が集まるお店ですので、ぼくの歌を現場で聴いて頂ける場所としては貴重になっています。 ぼくが1曲めに歌ったのは、前回のブログ…

約束

ぼくはカラオケに行くと、演歌も歌謡曲もポップスもロックもジャニーズも脈絡なく歌うことが多いです。カラオケ大会も出るようになってから2年以上が経って、ご一緒する方々が徐々にご自分の方向性を決めているのかなと思うことがある中で、ぼくは一体何系の…

家族になろうよ

今日はぼくが日頃からお世話になっているカラオケスナックのお店に、新年のご挨拶にお伺いしました。このお店はコロナ対策もしっかりとやっていて、人数も制限して、お店の中でもソーシャルディスタンスを保った環境で歌えるので、安心してカラオケを楽しむ…

gravity

2021年が始まりました。年末年始は風邪をひいてしまうことが多いんですが、今回は無事に健康に過ごすことができて良かったです。 さっそく今年の初カラオケということでDAM★ともを楽しんできました。カラオケで歌う曲は、カラオケ大会で歌う予定の曲とか、DA…

My Gift to You

ぼくがDAM★ともでお気に入りにしているアーティストのCHEMISTRY。 カラオケのユーザーさんが「冬ソング祭」という企画をされていて、それがきっかけでぼくも改めて「冬ソングってどういう曲なのかな」と改めて探したりしていました。冬ソングを前面に出して…

北酒場

今週は作詞家・作曲家の中村泰士さん、作詞家のなかにし礼さんの訃報に相次いで接することになりました。 中村さんの作品は、ぼくはちあきなおみさんの「喝采」や「夜間飛行」の印象が強く、ドラマチックなメロディーを作るイメージでした。個人的には、CLUB…

魔法の絨毯

世の中ではカラオケがいまだに叩かれていますけど、ぼくがよく行く界隈のカラオケ屋さんは意外にお客さんが来ています。家族連れの方とか、カップルの方とかも来ていますけど、ぼくみたいなヒトカラのお客さんが多い印象です。 カラオケの部屋は換気もされて…

夜永唄

ぼくが11月にDAM★ともに行って、DAM CHANNELを見て、聴いて見たいなと思ったのが、「神はサイコロを振らない」というアーティストでした。 まるで歌のタイトルにもなりそうなバンド名の由来は、ドイツ生まれの偉大な科学者であるアルベルト・アインシュタイ…

Re

2008年12月1日に始まったDAM★ともは、ぼくも同じ日に始めて、今月から13年目を迎えました。いつもぼくの歌を聴いてくださるユーザーさんに助けられて、本当に細々とですが続けてやってこれました。最近忙しい時間を過ごしているせいか、ぼくは逆にユーザーさ…

手紙

カラオケが大好きなぼくですけど、歌番組はあまり見ていなくて、よく見ている番組がBS朝日で毎週土曜日の19時から放送されている「人生、歌がある」という番組です。この番組を見ていると、歌手の方が歌について自分の考え方を語ってくれる場面があったり、…

冬のあとがき

カラオケに行ってDAM★ともをやっていると、歌う曲を予約していない間は、部屋のモニターの画面ではDAM CHANNELが放送されます。ぼくはいつも次々と歌う曲を入れていくので、DAM CHANNELはあまり見ないことがほとんどなんですけど、最近はカラオケの部屋に行…

点描の唄

曲に対する第一印象というのは、ぼくが初めてその曲を聴いたときに歌った方の歌の印象に影響されることが結構あります。ぼくはDAM★ともやカラオケ大会やカラオケアプリなど、アマチュアの方の歌を聴くことが多いので、そこで初めて聴いた曲は、オリジナルの…

四畳半の蝉

11月に入りました。今は暑くもなく寒くもなく、体を動かしやすい季節です。今日は文化の日ということで、ぼくもカラオケや音楽の活動に勤しみました。 ぼくがカラオケで歌う曲は、ジャンルが割と広めでして、演歌も歌謡曲もジャニーズもポップスもロックも歌…

歌うま

10月も今日でおしまいですね。ぼくは歌のこととか、音楽のこととか、毎日考えて楽しんでいる生活に変わりはないんですけど、自分の歌についてあれこれと思いを巡らせることが多かった、この10月でした。 歌が上手い人を「歌うまさん」とSNSとかでは言ったり…

大空を舞う

最近、音楽活動も少しずつ、再開してきているなあと感じています。ぼくもこの数ヶ月、放置していたことを、動作確認も含めて、再開したこの1週間でした。 再開した1つは、nanaというカラオケアプリで、ユーザーさんが演奏等して作った音源に、ユーザーさんが…

花言葉

ここ最近のぼくは、 9月のオンラインカラオケ大会に提出する曲の練習と、提出する動画の作成に取りかかっていたり、10月のリアルのカラオケ大会で歌う曲の練習を集中的に行っていたりしていました。 ぼくがカラオケ大会で歌う曲って、どうも悲しい感じの曲が…

ザ・カラオケトライアル

9月27日、千葉テレビで毎週日曜日の21時〜22時に放送されていた「ザ・カラオケトライアル」が最終回を迎えました。「カラオケトライアル」として番組を始めてから37年間続いていた長寿番組でした。 ぼくが見るようになったのは、カラオケ大会に出るようにな…

ぷれぱCup

ぼくは今回、「ぷれぱCup」というオンラインカラオケ大会に参加しました。 新型コロナウイルスの感染が始まってから、ホールやライブハウスで開催しているカラオケ大会(最近はこれを「リアル大会」と呼んでいます。)の開催が少なくなっています。その代わ…

ゆうぐれ文庫(ものがたり)

ぼくはDAM★ともで多くの曲を歌うようになってから、ジャンルを問わず、いろいろなプロの歌手の方への関心を強く持つようになりました。特に、まだ有名にはなっていない歌手の方がどういう作品を歌っているのかなと思って聴いてみると、いい歌を歌われている…

結(ゆい)

ぼくはカラオケで行くお店がビッグエコーということもあり、DAM★ともをメインにして歌って楽しんでいました。しかし2020年はコロナの影響で、4月の初め頃からビッグエコーをはじめとするカラオケ店舗の大半が臨時休業する状況となりました。ぼくも歌える場所…

YOU

ぼくはDAM★ともで多くのアーティストの方の多くの曲を歌っていますけど、音楽の世界って本当に無限に広がっています。ぼくはロック、ポップス、演歌、歌謡曲みたいなジャンルにこだわって聴くタイプではなくて、どんな音楽も聴きたいタイプなので、ふとした…

RUN

オリジナル曲を他のアーティストがカバーすることによって、オリジナル曲の作品の良さを別の面から改めて認識することがあります。最近では、ロックバンドのアリス九號.が、ジャニーズのアイドルグループSexy Zoneのデビュー曲「Sexy Zone」をバンドのアレ…

佐原の町並み

2020年も残り4か月となりました。昭和初期に日本の歌謡曲が生まれてから、今年ほど音楽活動が制約を受けた1年は、第二次世界大戦時を除いてはなかったのではないかと思います。プロの歌手の方も本来の活動がいまだにできない状況が続いています。そういうな…

夜カラ

ぼくはカラオケを楽しむときはDAM★ともでヒトカラをやっていますが、人前で歌ってみようかなと思ったときはカラオケスナックのお店に行って、カラオケを楽しんでいます。 このお店はカラオケ大会でご一緒した方がよく行かれているのをTwitterで見て、どうい…