DAM★とも&アウフヘーベン

DAM★ともで公開した曲について感じたことを書いていきます。

ごめんよ涙

現在のジャニーズ事務所の繁栄のパイオニアとなったのが田原俊彦さん。ぼくも田原さんの作品は何曲も歌っていますが、その1曲が「ごめんよ涙」という曲です。

この作品は1989年4月19日に田原さんの36枚目のシングルとして発売されました。田原さんが主演した人気ドラマ「教師びんびん物語2」の主題歌にもなりました。このドラマというと、田原俊彦さんの先輩役と野村宏伸さんの後輩役との掛け合いが面白かったのを思い出します。「教師びんびん物語」では、喫茶店のマスター役で漫画家の蛭子能奴さんがドラマ初出演を果たし、生徒役で女優の観月ありささんが連続ドラマ初出演を果たしています。

田原さんのいわゆる全盛期のyoutubeを見ていると、あの当時は歌が下手なのかなと思ってましたが、必ずしもそうではなかったんですね。口パクをやらずに、あれだけ激しい振り付けをしながら歌うことがどんなに大変なことかというのがわかりました。赤い色の衣装が映える田原さんは、1人で歌っていても華があるスターだと思います。

ここ数年、田原さんが再びテレビに登場する回数が増えてきたのは喜ばしいことです。そして、50代になった田原さんは、20代の頃のヒット曲を昔よりも上手く歌って踊っているのは、ご本人の日頃の練習のたまものなんだろうと思いました。20代の時の歌にも50代の時の歌にも、単純に比較できないそれぞれの良さを感じました。

 


ごめんよ涙 田原俊彦

広告を非表示にする

Lovin’ You

YouTubeで音楽を聴いていたら出くわしたのが、横山輝一さんの「Lovin’ You」という曲でした。この作品は1993年2月10日にシングルとして発売されました。横山さんの代表曲ともいえます。当時はスキーのテーマソングだったかなぐらいの記憶しかなくて、今回初めてこの作品をちゃんと聴きました。横山さんの透明感あふれる声質で、パワフルに歌っているのを見て、ぼくも心地よい気分になりました。生歌で聴いたら迫力ある歌を感じられるだろうなあと思いました。

2002年ぐらいまでは音楽シーンも、色々なアーティストが個性的な作品を発表できていたように思います。視聴者にとっては多様な曲を聴けるごった煮感が楽しく過ごせたわけです。いつの頃からか、小室サウンドだけが席巻する時代、エイベックスサウンドだけが席巻する時代、男性アイドルはジャニーズ系ばかり、女性アイドルはAKB系列のグループアイドルばかりとか、どうも1つのヒットトレンドに寡占されてしまう音楽シーンが、日本の音楽界の多様性の機会を失わせているように思えてなりません。どんなミュージシャンにも発表できる機会を広げていった方が、音楽を聴く者としては面白いと思います。

さて、横山さんは他の歌手への楽曲提供もされていたとは知りませんでした。1998年にはMAXの「Ride on time」、2000年にはSILVAさんの「ヴァージンキラー」を提供しています。この曲そうだったんですかって感じです。作られるサウンドがかっこいいと思います。


横山輝一 「 Lovin' You 」

広告を非表示にする

回転木馬

日本の音楽界に大きな影響を与えた外国人ミュージシャンの1組がザ・ベンチャーズThe Ventures)です。1959年に結成されたアメリカのインストゥルメンタルバンドですが、アメリカでのブームは1960年代で終わりますが、1970年代以降は日本をはじめとする世界各国でベンチャーズの音楽が浸透するようになります。今では日本で一番稼いでいるのではないかと思います。1960年代後半から1970年代にかけては、ベンチャーズが日本の歌謡曲を数多く手がけるようになり、「京都の恋」、「雨の御堂筋」といった大ヒット曲を生み出し、いわゆる「ベンチャーズ謡曲」というジャンルができました。メンバーのジェリー・マギー(Gerry McGee)が日本好き、日本食好きだったことによる影響が大きかったと言われています。

そんな「ベンチャーズ謡曲」の1つに、牧葉ユミさんという歌手が発表した「回転木馬」という作品があります。ご存知の方も多いでしょうが、山口百恵さんが当時の人気オーディション番組「スター誕生」で歌ったのが、この「回転木馬」です。ぼくは牧葉ユミさんも「回転木馬」も全く知りませんでしたが、今回初めて聴いて、その後の山口百恵さんの初期のヒット曲の原点になったのではないかと思っています。歌い方は牧葉さんと百恵さんでは違うんですが、「百恵さんが歌った回転木馬」をイメージしてみると、「青い果実」や「冬の色」や「夏ひらく青春」といった曲の萌芽を感じるのです。またそれは、百恵さんが自分に合った作品を見つけてきて歌って、歌手デビューできたという意味での選曲感も素晴らしかったと思います。

ぼくもDAM★ともでいろいろな曲にトライして歌いますが、何となく食わず嫌いだった曲が実は自分に合っていたことに気づき始め、面白い化学反応を感じるような、そういう曲に出逢えたら嬉しいですね。


回転木馬 / 牧葉ユミ

広告を非表示にする

からたち野道

今や時の俳優となってしまった高橋一生さんが、NHKの番組で生歌を披露したんですが、その曲はTHE BOOMの「からたち野道」という作品でした。

この作品は1990年9月21日にTHE BOOMの3枚目のオリジナルアルバムとして発売された「JAPANESKA」の1曲として収録されました。1993年10月1日にはミニアルバムの1曲としても発売されました。このアルバムのテーマが「日本」ということで、「からたち野道」も日本の風景を描いています。三味線や和太鼓を使っているので、どうしても彼らが1993年に大ヒットした「島唄」のイメージがあるので、沖縄の風景なのかなとも思ってしまいますが、舗装されていない草が生い茂った小道は全国どこにでもあります。歌詞の解説はしませんが、戦争で旅立ってしまった男性を思う女性の歌という解説をされている方がいらっしゃって、納得しました。

生歌のオファーを受けて、こんな渋い曲を選んでしまい、意外に低い声質で歌ってみせてしまった高橋一生さんの選曲感が凄いと思いました。タモリ倶楽部に出てたときは、爽やかな東京育ちの俳優さんというイメージだったので、引き出しの深さに驚きました。


からたち野道 takahashi issei

広告を非表示にする

カラオケで今よく歌われている曲の1つが、星野源さんの「恋」。ぼくもこの間、グループのカラオケで歌ってきました。みんなで盛り上がれる歌です。将来、2016年を振り返ったとき、その年の社会現象として、ピコ太郎さんの「PPAP」と星野源さんの「恋ダンス」は、きっと挙げられるだろうと思います。

この作品は2016年10月5日に星野さんの9枚目のシングルとして発売されました。オリコンでは最高2位でしたが、2016年のJapan Hot 100の年間チャートでは第3位、デジタル・ダウンロードでは100万ユニット以上、PVのYoutubeでの再生回数が今現在で約1億2,100万回という実績を挙げました。2016年の紅白歌合戦でも歌唱されましたが、主題歌として採用された「逃げるは恥だが役に立つ」も、最近のドラマでは珍しく高視聴率となり、「恋ダンス」もブームになり、高校野球センバツ大会の入場行進曲にも選ばれました。

「恋」の歌詞を見ながら、カラオケで何回も歌ってて思ったのが、この歌って、男女の恋というよりは、日常の生活を歌ってる歌だなと思いました。学校や仕事という営みの町が終わって、家に帰ってご飯を食べて、夜を過ごして眠りにつく。そんな暮らしの中で、「胸の中にあるもの いつか見えなくなるもの それは側にいること いつも思い出して」欲しいのは、初めて出会った頃の2人の距離と鼓動であったり、出会ったからこそ今があるというお互いへの感謝であったりするかもしれません。一方、まだ出会いがない人でも、何かへの「秘めた想いは色づき」出したら、「愛が生まれるのは一人から」始まっていくものです。

星野さんが音楽雑誌の対談で、「曲の題名は「愛」でも良かったんだけど、英語でloveと訳されるとそれは違うと思ったので、日本らしい「恋」にしてみた」と言われていたところがありました。愛と恋はloveとlikeの違いだよという人もいますけど、あまり違いはよくわかりません。1人でもできるのが愛で、2人でできるのが恋なんでしょうか。歌詞の最後にある「夫婦を超えてゆけ 二人を超えてゆけ 一人を超えてゆけ」っていい言葉だなと思いました。夫婦でも二人でも一人でも、今の生活で忘れていた大切なことを思い出してまた生きていったら、きっと新しい気持ちで何かを愛したり恋したりできるだろうし、それができたら自分は一歩成長していける感じがします。


星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

広告を非表示にする

Superstar(スーパースター)

時代を越えて世界中の音楽ファンに愛されているアメリカのポップス・デュオのCarpentersカーペンターズ)。日本でも数多くの作品がヒットしましたが、ぼくが好きな曲はSuperstar(スーパースター)という作品です。

オリジナルはアメリカのデュオ歌手であるデラニー&ボニー(Delaney&Bonnie)が1969年に発表した「カミン・ホーム」のB面に「グルーピー(Groupie)」という題名で収録されていました。歌詞の内容は、ロック・ギタリストへの恋心を募らせているグルーピーを歌っています。遠い昔、ギタリストと恋に落ちてしまった追っかけの女性。目の前でギターも聴かせてくれた。しかし今、ギタリストはスーパースターになり、遠い存在になってしまった。この「グルーピー(Groupie)」はボニー・ブラムレットが歌っています。デラニー&ボニーのオリジナルでサポート・ギターを弾いているのが、若き日のエリック・クラプトンです。この作品はレオン・ラッセル(この方もアメリカの有名なシンガー)とボニー・ブラムレットの共作です。

この作品を聴いたリチャード・カーペンターが「この曲はカレンに合う」と思い、カバーしたのが、1971年8月12日に発売された、カーペンターズの「Superstar(スーパースター)」でした。歌詞の一部をカレンさんが嫌ったため、一部はオリジナルから変えられました。ぼくもこの作品の悲しげなサウンドと、カレンさんのクリアで綺麗な英語での歌声から、とてもグルーピーの思いを歌った歌だとは思いませんでした。

どちらのバージョンも、それぞれに味わいがあって、いい歌だと思います。


DELANEY & BONNIE /// 10. Groupie (Superstar) - (D&B Together) - (1972)


Carpenters - Superstar

STAY AWAY

カラオケにグループで行くときは、盛り上がりそうな曲をセレクトしますが、ぼくのそんな1曲がL'arc~en~Cielさんの「STAY AWAY」です。この作品は2000年7月19日に彼らの20枚目のシングルとして発売されました。2000年の紅白歌合戦でも歌唱されました。作詞はhydeさん、作曲はtetsuyaさんです。編曲の岡野ハジメさんは彼らのプロデュースを現在までされています。

L'arc~en~Cielの強みは、hydeさん、tetsuyaさん、kenさん、yukihiroさんのメンバー4人全員が作曲できる点にあると思います。それゆえに、彼らの作品の世界のウイングは幅広いものになっていると思います。tetsuyaさんの作品はポップなチューンの方向かなと思うし、kenさんの作品はどこかボーダレスな世界を表現してる感じがします。

STAY AWAY」は英語で「離れている、近寄らない」という意味ですから、和訳すると「あっちいけよ!」なんでしょうか。歌詞の主人公は「抜け出した大地で 手に入れたのは自由」ということで、束縛されたくないんですね。「レールの上に沿って どこまで行けるかな」「焼き増しの世界には惹かれないから」最初はいうとおりにやるけど、人と同じように生きたいとは思わないんですね。「浮かぶ雲のように 誰も僕を掴めない 何もかもを壊し 自由のもとに生まれた」自分の人生は誰にも邪魔させないよ、自由に生きるよ、って感じです。

学校でも会社でもいろいろな縛りがあって、それは窮屈で鬱陶しかったりすることってありますけど、そんな一見不自由に感じられる環境の中で、どんな小さなことでも自分の思っていることを1つやってみると、自由が1つできあがります。そんな感じで自分の思っている自由を2つ、3つと増やしていったら、「STAY AWAY」の主人公のように自由の羽を広げられるかもしれませんね。小さなことからこつこつとではありませんけど、野望の実現も積み重ねが大事なのかもしれません。


L'Arc~en~Ciel - STAY AWAY [Live 2007]

広告を非表示にする